資格

POP広告デザイナー認定試験口コミ評判

POPデザイナー

はじめに POP広告デザイナーとしての資格とは

POPデザインに対する一定以上の知識・センスを持ち合わせ、レイアウト・配色など、状況にあったデザインが出来ると認定された人に与えられる資格です。
資格を取得した後は、デザイナー業はもちろん広告業界や販売業、様々な場所で活躍できます。

試験の内容は・・・

レタリングの基礎から応用
ビジネスデザインの制作や印刷手順
効果のある見出しの制作・工夫
キャラクター・パッケージ・メディアミックス・サインデザインの技法

など、学ばなければいけないことはとても多いです。

ちなみに、平成26年に開催されたPOP広告デザイナー認定試験の結果は・・・

受験者数:3897人の合格者数:2431人で合格率が62.3%という結果でした。
しっかり内容を把握していれば、別格難しいわけではないとようですね。

POP広告デザイナーは就職できるのか?

商品の販促活動を中心に活動するPOP広告デザイナーは、それだけを業務にすることは難しいです。
多くのデザイナーは、兼販売員として業務しています。

しかし、需要が多いのも確か。日常生活で見かける「広告」というもの全般を手掛けるわけですから、有資格者は即戦力とみなされてすぐに活躍できるでしょう。
例えば、雑誌を読んでいたら、すごく個性的なキャッチコピーや売り文句が出たりします。そしたら一体どんな商品なんだと気になる人が出てくるのです。そして今はSNSでの拡散が凄まじいです。その効果が売り上げに直接響く・・・というケースも。

自分はPOP広告デザイナーとしてずっと食べていきたい!という方は、決まった場所に就職しないでフリーで活動する手があります。
デザイナーを社員として雇っていない会社でも、いざという時にプロのデザインが必要になることはいくらでもあります。そのような場合は、ますますPOPやデザイン関係の資格を持っていないと指名されにくいです。
POPライターなどはとても人気のある仕事で倍率も高いです。「他の人との違い」を積極的に育てましょう。

フリーの活動や副業でお小遣い稼ぎ程度でも、資格は信頼や証明になりますので、貴方を知らない人からしたらとても重要です。

受験方法のアレコレ

POP広告デザイナー認定試験は「日本デザインプランナー協会」という団体が主宰しています。

そのホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することが出来ます。
もちろん受験場所は自宅で。試験期間は5日間なので落ち着いて取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

スーパーの勤務だったけど

「元々はパート勤務で手描きPOPを作ることは多々ありましたが、この機会に資格を取ったことにより、基礎から学べたので確実にステップアップすることができた」
「イラストを描くのが好きで、自分でオリジナルのフォントやロゴを沢山描いてきましたが、デザイン関係に就職したいと思い試験を受験しました。将来の幅が広がったと思います」

など良い印象の口コミも寄せられています。
やはり物を売る場所ならば、どこでも活躍できる資格なのですね。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでPOPがいかに大事なものだったか、少しでも伝わっていれば幸いです。
POP広告資格  POP広告資格