資格

キャンドル資格人気徹底比較!

キャンドル

一時期大きなブームとなったキャンドルですが、まだまだ根強い人気を保っているといっても過言ではないでしょう。キャンドルはどうしてそんなに人気があるのか、まずはその魅力に迫ってみましょう。

キャンドルの最大の魅力は、その「癒し」効果にあります。森林浴で有名な「マイナスイオン」が、キャンドルから大量に発生していることはご存知でしたでしょうか?実は、キャンドルを灯すことで微量の水分が発生し、それと同時に森林浴で浴びることが出来る以上のマイナスイオンが発生することが分かっています。また、キャンドルには様々な香料が用いられており、香りによるリラックス効果を期待することもできます。部屋の中をキャンドルの香りとマイナスイオンで満たすことが出来れば、大きな癒しの力を手に入れることが出来るでしょう。

また、キャンドルの炎の揺れ方は、1/fの揺らぎを表現していると言われています。1/fの揺らぎ(F分の1の揺らぎ)とは、自然界に存在するありとあらゆるリズムのことを指しています。波の音や川のせせらぎ、人間の心音など様々な自然のリズムは、共通して1/fのリズムを刻んでいますが、このリズムに触れることで私たちの脳からはリラックスすることが出来る脳波が出るようになります。そしてキャンドルの揺らめき方も、この1/fのリズムで揺らいでることが分かっており、強力なリラックス効果を得ることが出来るのです。

キャンドルを毎日の生活に取り入れて、リラックス効果を得るためには、正しい知識でキャンドルを扱う必要があります。そして、そうして得た知識を仕事として生かすことも可能です。自分で香りを調合してキャンドルを作って販売したり、正しいキャンドルの扱い方を広める講師として活躍することで、周りの人にも癒しの力を伝えることが出来るのです。

キャンドルの正しい知識を学び、それを仕事に生かすには、まずキャンドルの専門的な資格を取るところから始めていきましょう。今回はキャンドルの魅力を仕事として生かすためにお勧めの資格を徹底比較でお伝えしていきます。

人気:キャンドルデザイナー

キャンドルデザイナーは日本デザインプランナー協会が制定している資格となります。キャンドルの制作に必要な知識や技術が一定以上であることを証明してくれる資格となっており、自分でキャンドルを作ってみたい人や、それを販売してキャンドルの魅力を広く伝えたいと考えている人にお勧めの資格となります。
キャンドルの基本的な知識や道具、キャンドルの正しい扱い方など、初歩的な知識から実際の作成方法まで基礎的な部分を網羅している資格となっており、初めてキャンドルに挑戦してみたい人でも気軽に挑戦することが出来ます。

試験はインターネットを通じて申し込み、在宅での受験が可能です。費用は1回1万円で、誰でも挑戦することが可能です。

2位:キャンドルアーティスト

キャンドルアーティストは、日本インストラクター技術協会が認定している資格です。一言でキャンドルと言っても、その形状や原料は様々であり、それらの違いや特徴に関する知識を十分に有していることが求められる資格となっています。専門性が高い資格であり、資格を取得した後はインストラクターとして活躍することができます。キャンドルを生かして働きたいと思っている人にはお勧めの資格となっています。

資格は試験に合格することで取得することが出来ます。試験資格は特に必要なく、在宅での受験が可能です。試験は2ヶ月に1回開催されており、自分のペースで挑戦することが出来ます。費用は1回1万円となっています。

3位:キャンドルマイスターディプロマ

キャンドルマイスターディプロマは、日本ヴォーグ社が認定している資格です。キャンドルを作ることに重きを置いた資格となっており、様々な種類のキャンドルを作成する能力があることを証明してくれます。

資格を取得するには同協会が認定している講座を受講する必要があります。プロとして活躍することを考えるのであれば、キャンドルマイスターディプロマ認定講座 <スタンダード&アーティフィシャルコース>の受講が必須となって来るでしょう。こちらのコースを受講すると必要な材料は添付されており、自分で特別にそろえる必要はありません。講座はテキストとDVDで進めていくことが出来ます。全15回の講座を修了し、添削課題をクリアすることで資格を取得することが出来ます。

一から丁寧に教えてもらえるので、自分一人で勉強することに自信がない人にはお勧めの方法になりますが、費用や時間がかかることがマイナスポイントです。

4位:JCA認定キャンドルアーティスト

キャンドルアーティストは、JCA(日本キャンドル協会)が認定している資格となります。こちらの資格もキャンドルの知識や技術を仕事として生かしていきたいと考える人に向けた資格となっています。JCA認定キャンドルクラフトコースの初級・中級・上級コースを受講したのち、JCA認定キャンドルアーティストコースを受講し、検定試験を受けることで資格を取得することが出来ます。この資格は、キャンドルについての基礎的な知識を持っているだけではなく、キャンドルを自分で企画して作成する力や、キャンドルを使って空間をプロデュースする力があることが求められています。
講座は協会が認定している校舎で実施されており、費用は校舎によって異なっていますが3つのクラフトコースを併せて10万円前後のところが多いようです。JCA認定アーティストコースの費用も認定校によって異なりますが、5万2千円前後で受講と試験の受験が可能になっています。

5位:JCA認定キャンドルインストラクター

JCA認定キャンドルインストラクターは、JCA認定キャンドルアーティストの上位資格です。より洗練された知識を持ち、キャンドルを制作して販売したり、キャンドルのスクールを開講して独立しながら働くプロフェッショナルに与えられる資格となっています。キャンドル一本で障害に亘る仕事にしていきたいと考えている人にお勧めの資格です。
JCA認定キャンドルアーティストの資格を受講後、認定校でJCA認定キャンドルインストラクターになるための講座を修了し、試験に合格することで資格を取得することが出来ます。こちらの講座は3万6千円前後の費用を必要とします。
キャンドル資格  キャンドル資格