資格

睡眠・快眠・安眠資格人気徹底比較!

快眠

私たちの生活の中で、長い人であれば1日の1/3、一般的な人であれば1日の1/4を占めると言われている睡眠時間。仕事のために睡眠を削る人や、SNSを利用するためにいつまでも起きている人など、現代社会で過ごす人はあまり睡眠を重要視していないかもしれません。

しかし、睡眠は人の体の成長や日中の活動を維持するためにとても重要な役割を果たしています。毎日の生活を充実させるために、今一度良質な睡眠について考えてみましょう。

私たちの睡眠は、大きく分けると浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)に分けられており、およそ90分のサイクルで2つの眠りが交互に訪れると言われています。そしてこのサイクルの中で、日中に私たちを司っている脳も休息を繰り返し、情報処理が行われています。私たちがレム睡眠の間に夢を見るのも、このメカニズムが関連しています。

脳を適切に休め、情報処理を促進するためには、十分な睡眠時間を確保することがとても重要になります。また、睡眠は脳だけではなく私たちの体を休め、ホルモンバランスを整え、体の調子を整えるために大変重要な役割を果たしています。

私たちが毎日の生活をすっきりとして健やかに過ごすためには、精神活動の側面からも身体的活動の側面からも、良質な睡眠が保たれていることが必須になります。睡眠が私たちに与える影響を学び、どうしたら良質な睡眠を得ることが出来るのかを知り、毎日の生活を工夫していくことが大変重要なのです。そこで手にした知識は、自分自身の生活だけではなく、様々な場面で周りの人のために活用することが出来ます。

これらの知識をより深め、毎日の生活を充実させるさいにお勧めとなって来るのが「睡眠に関する資格」です。科学的に睡眠の持つ力を理解し、自分自身の睡眠や、身近な人の睡眠の質を高め、よりよい生活を目指して資格に挑戦してみましょう。これらの資格は、特に看護師や介護士など、人と関わりがある仕事についている人や、自分自身や家族が精神疾患を抱えており、十分な睡眠を確保することが出来ない人、家族が身体的疾患を抱えており不眠で悩んでいる人や、自分自身が不眠症で悩まされている人などにぜひ興味を持ってほしいと思います。

人気:快眠セラピスト

快眠セラピストは、日本メディカル心理セラピー協会が制定している資格となっています。日本メディカル心理セラピー協会は、精神的な側面に重点を置いている協会となっており、睡眠を改善することで精神的な側面の改良を目指すように資格が設定されています。基本的な睡眠に関する知識から、睡眠が身体的・精神的側面に及ぼす影響、現代の睡眠の状況と、その状況が人に及ぼす影響について実践的な知識を獲得していることが求められる資格となっています。特に、対人援助職に従事している人や、精神的な問題で睡眠の状態が乱れている人に挑戦してみてほしい資格となっています。

この資格には取得条件はありません。試験は年に6回開催されていますが、在宅での受験が可能です。費用は1回1万円となっており、試験に合格することで資格が付与されます。

2位:安眠インストラクター

安眠インストラクターは、日本インストラクター技術協会が認定している資格となっています。こちらの資格は「インストラクター」として活躍することが出来る資格となっており、資格を取得したのちは正しい睡眠のとり方や、睡眠と心の関係などに関する講師として活躍することが可能です。「安眠」に重きを置いているこの資格は、安眠に関する知識や、安眠を得るための条件に付いて学び、安眠を妨げる様々な要因についての知識を取得することが出来ます。
こちらの資格も在宅での受験が可能です。試験は年に6回開催されており、自分のペースで挑戦することが出来ます。受験費用は1回1万円です。

3位:おねむりレクチャーインストラクター

おねむりレクチャーインストラクターは一般社団法人日本快眠協会が制定している資格となっています。この資格は体の調子を整えたり、リラックスしたりすることで良質な睡眠を獲得する方法に熟知し、まだその方法について知らない人に対してレクチャーすることが出来る力を持っていると証明された人に与えられる資格となっています。体が緊張していては良質な睡眠をとることが出来ません。そのため、足の裏をほぐして血行を促進することで良質な睡眠を確保しようと試みています。
さらに、おねむりレクチャーインストラクターは、睡眠に関する基本的な知識についても学び、おねむりレクチャーの講師として活躍することが出来ます。
おねむりレクチャーインストラクターになるには、おねむりレクチャーインストラクターの2級と1級を受講する必要があります。その後4日間にわたる講義を終了し、試験に合格することで資格を取得することが出来ます。費用は講義が21万円、試験費用が1万円でテキストが5千円となっています。睡眠について学び、本格的に仕事に生かしていきたいと考えている人にはお勧めの資格です。

4位:睡眠健康指導士

睡眠健康指導士は、日本睡眠教育機構が認定している資格となっています。こちらの資格も、正しい睡眠の方法を理解し、その方法を広く広める人材を育成することを目指して制定された資格となっており、睡眠を仕事に生かしたいと考えている人にお勧め出来る資格です。薬物を使用しない、認知行動療法の観点から睡眠を促す方法を大切にしており、その人が本来持っている自然な睡眠の力を引き出してくれます。
資格には初級と上級があり、自分の睡眠を改善したいと思っていたり、家族など身近な人の睡眠を改善していきたいと考えている人は初級コースがお勧めになります。睡眠に関する正しい知識を広く地域に広めたいと思っていたり、講師として企業でレクチャーをしてみたいと考えている人は、上級コースの受検がお勧めになります。
資格は講座を受講し、認定試験を受験することで取得することが出来ます。講座は2ヶ月に1回全国各地で開催されています。自分が通いやすい会場を選んで受講することがお勧めです。6時間の受講を終え、試験に合格することで資格を取得することが出来ます。受講費用は2万2千円です。その後、3年ごとに更新が必要になります。
5位:CSAスリープケアセラピスト
快眠  快眠