資格

レターライター認定試験口コミ評判

手紙の書き方

すっかりスマホやパソコンがコミュニケーションツールの主役となった今、紙に字を書いて送る「手紙」「レター」をもらうと、逆に新鮮さを感じることでしょう。送ってくれた人のやさしさや思いやりを感じて、きっと何度も読み返しているのではないでしょうか。このような余韻を感じさせるコミュニケーションは、なかなかスマホメールでは難しいかもしれません。しかし、手紙を書くことがおっくうなのは、さまざまなマナーなど、「難しい」イメージがマイナス要因になっているのかもしれません。

手紙を書くときに気を付けたいマナーやルールを理解していると証明するためのライセンスとして「レターライター認定試験」という試験が生まれました。
この「レターライター認定試験」が、「日本デザインプランナー協会」にて実施されています。
この記事ではこの「レターライター認定試験」についてご紹介します。
特別な受験資格は必要なの?
結論から言えば、「レターライター認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。
特別の資格や経験がなくても、自由に受験することができます。「レターライター認定試験」は、あくまでも盆栽に関する知識と製作技術が一定以上であることを認定するための試験です。

「レターライター認定試験」の試験詳細について

試験レベル

「レターライター認定試験」では、美しい日本語としての、言葉の選び方や言葉遣い、季語、敬語などの持つ意味や効果を理解し、手紙を書く際にそれらを実践でき、人に喜ばれる手紙を書く事が出来ると認定される資格です。
試験主催者側から発表されている特定の試験範囲はないようですが、前述の通りに広く盆栽の知識に精通していることを求められる試験になっています。

受験料について

レターライター認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 
受験申し込み後から数日後に、試験問題と解答用紙が郵送されます。このとき、受験料を「代金引換」にて支払うシステムになっています。

受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れについて

レターライター認定試験は、2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。
後は決められた試験期間内までに、回答用紙を返送すれば完了です。
その後インターネットに掲示されている「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送されます。

合格認定証および認定カードの発行について

合格後希望者には、以下の手順で合格認定証および認定カードの発行を依頼することができます。
1.申込みフォームから合格認定証/合格認定カードを選択して発行申請を行う

2.本人写真(縦4cm×横3cm、フチなしのもの)を、協会宛に郵送する
発行に関する費用の支払いは受験料同様に代金引換(日本デザインプランナー協会のサイトによれば、佐川急便のeコレクトサービスになるようです。クレジットカードやデビットカードが使用できます)になります。
なお、合格認定証・認定カードともにそれぞれぞれ「5,500円(消費税込み)」となっています。
手数料や送料は一切掛かりません。 

受験場所について

「レターライター認定試験」は在宅受験になっています。
答案提出期限の範囲内で、都合のよい受験日を自由に選ぶことができるのは、お仕事をお持ちの方や子育て中の方にも受験しやすいうれしいポイントですね。
設定された試験期間内の都合のいい日に、受け取った解答用紙で受験した後には、日本デザインプランナー協会まで速やかに返送しましょう。

合格基準について

レターライター認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

レターライター認定試験の口コミと評判

では、実際に「レターライター認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。
「若いころは手紙を書くことが好きだったのですが、大人になって結婚し子供を育てているうちに、すっかりペンで書いた手紙を出すこともなくなってしまいました。また、大人同士の手紙のやり取りというとルールが面倒で書くことを敬遠してしまう気持ちも生まれがちです。そこでしっかりと手紙のルールは覚えておこうと、このレターライター認定試験を受験しました。」
「手紙を書くときのルールを覚えておけば、何かと役に立つものだとアドバイスされたこと受け、このレターライター認定試験にトライしました。確かに手紙を書くことが億劫でないため、すぐお礼状を出すことができて、顧客からの評判も情報です。」
「お習字教室を主宰しています。人気の題材に、筆で手紙を書くというコースがありますが、手紙を流麗な筆跡で書きたいという方は多いようです。そこでもっと踏み込んだルールの知識も得て受講生に伝えていこうと考え、このレターライター認定試験に申し込みました。」などの声が寄せられています。

まとめ

このようにレターライター認定試験は、何かとルールの多い手紙の書き方について、効率よくルールを覚えることにつながる資格です。
ぜひこの「レターライター認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
手紙の書き方  手紙の書き方