資格

野菜資格人気徹底比較

野菜

野菜についての基礎知識や、野菜を使った料理法や健康や美容への野菜の効果など、野菜についての知識や技能を習得していることを証明する資格が、この野菜資格です。

国家資格ではなく、すべて民間団体が実施する民間資格です。これらの資格を保持していると野菜を使った料理を家族のために提供できるだけでなく、飲食関係の仕事で野菜についての知識や技能を応用することが可能です。

似た名前の資格が多いので、取得するとどのような知識を習得できるのか、取得しようとする野菜資格をどの仕事に役立てられるのかといった違いを明確に理解しましょう。その上で、目的にかなった資格を取得することになります。

人気 オーガニック野菜ソムリエ

オーガニック野菜ソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)によって主催されている野菜資格です。野菜の産地や保存方法、そして栄養素や料理方法まで野菜についての幅広い知識の習得を目指します。

この資格を保持していますと、オーガニック野菜ソムリエとしてカルチャースクールをはじめてとしたさまざまな場所で講師をすることも可能です。

オーガニック野菜ソムリエ資格は誰でも受験可能で、通信講座に受講したり、本を購入して独学で受験することも可能です。また70%以上の正答率で合格で、在宅でも受験可能です。受験料が10000円と安いのが、この資格の魅力です。

2位 野菜栽培士

野菜栽培士は、日本インストラクター技術協会によって主催されている野菜資格です。野菜の育て方や栄養素、そして野菜と相性のいい食材についての知識を学ぶことができます。

この資格を保持していますと、野菜栽培士として、カルチャースクールをはじめとしたさまざまな場所で講師をすることも可能です。

受験料も1万円と低価格です。オーガニック野菜ソムリエと同じく、正答率が70%以上で合格で在宅受験も可能です。

3位 野菜ソムリエ

野菜ソムリエは日本野菜ソムリエ協会が主催している資格です。野菜や果物の知識だけでなく、野菜の健康への効果を踏まえた野菜料理法という実践的な知識の習得を目指します。

資格は3つのクラスに分かれ、野菜を使った料理法(野菜ソムリエ)から野菜に関する普及活動(野菜ソムリエプロ)、さらには野菜に関するビジネス(野菜ソムリエ上級プロ)まで幅広い層を対象とした資格になっています。

本などで独学しての受験はできません。受験資格は日本野菜ソムリエ協会が実施する講座を修了した者に限られ、試験に合格することで野菜ソムリエ資格を取得できます。受講料は148000円(野菜ソムリエ)と高く設定されています。

野菜に関する普及活動やビジネスといった、仕事に役立てたいプロ向きの資格であると言えるでしょう。

4位 野菜コーディネーター

野菜コーディネーターはホールフード協会が実施する資格試験です。野菜や果物の特徴や保存法、さらには美味しい健康的な料理方法など実践的な知識を学べます。

この資格を取得しますと家族のために健康的な野菜料理を提供できるようになるだけでなく、野菜コーディネーターとして野菜の魅力を伝えることが可能になります。

受講料は36000円で、ホールフード協会が提供する通信講座を受講後資格が得られます。試験は課せられませんので、難易度は高くないと言えるでしょう。

野菜ソムリエと違い、野菜料理を自分や家族のために役立てたいという初心者向けの資格です。

5位 ベジタブル&フルーツアドバイザー資格

日本能力開発推進協会(JADP)によって主催されているのがベジタブル&フルーツアドバイザー資格です。栽培方法や品種によって変化する栄養成分や、それに基づいた保存方法や食べ方など野菜・果物についての深い知識の習得を目指します。

受験資格には日本能力開発推進協会が認定する教育機関で行なわれるカリキュラムを終了したものに限り、カリキュラム終了後に自宅で試験を受験可能で、試験に合格することで資格が得られます。受験料は5600円で、70%の正答率で合格になります。

飲食業界だけでなく、美容・医療業界のような職業に従事する方がさらに深い知識を獲得するためのプロ向きの資格と言えるでしょう。
オーガニック野菜資格講座  オーガニック野菜資格講座