資格

紅茶アドバイザー認定試験口コミ評判

紅茶

具体的にどんな資格?

紅茶アドバイザーは、茶葉にはじまり、カップやソーサー、美味しい淹れ方、オリジナルのブレンドまで、紅茶についての基礎知識を身につけた人へ認定される資格です。
似た名前の資格もあるのですが、これはどちらかというと趣味のスキルアップといった内容が強いです。独立して店を開きたいとお考えの方は「紅茶マイスター」という資格も取得するべきです。
取得後は学んだ知識を活かして私生活に紅茶を取り入れたり、喫茶店や紅茶専門店で即戦力として活躍する事が出来ます。もちろん講師として活動することも可能です。

認定試験の内容は?

茶葉の分類や紅茶の等級、ティーグッズの種類やその役割、製法を熟知し、実際に紅茶の淹れるなどを理解していないと合格できない内容となっています。
学んだ知識を活かして私生活に紅茶を取り入れたり、紅茶専門店で活躍する事が出来ます。
ちなみに試験内容とは関係ありませんが、紅茶には虫歯予防・老化防止・消化促進・がん予防・ダイエット・風邪の予防に効果があると言われています。

受験申し込み方法など

紅茶アドバイザー認定試験は「日本安全食料料理協会」が主催しています。
こちらのホームページから申し込めるため、全国どこからでも受験することが出来ます。受験料は消費税込みで10,000円。
もちろん自宅が受験場所。期日までに解答用紙を提出し、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

試験は二ヶ月間隔で実施されているため、無理なく受験することができます。

独学では辛い方へ

勉強したいけれど専門学校に行く余裕もないし時間もない。でも独学では自信がないという方には、自宅で紅茶を本格的に学べる通信講座がおすすめです。
未経験でもしっかりマスターできるところをご紹介いたします。

「諒設計アーキテクトラーニング」という通信講座スクールがあり、そこには「紅茶W資格取得講座」があります。
内容は、紅茶アドバイザーの資格が取れる以外にもう一つ、同じ日本安全食料料理協会が主催する「紅茶マイスター」の資格も取得できるものとなっています。
それぞれの内容に対応していてその教材は、これから飲食関係に就職したい方、今現在飲食関係の仕事をしていて更に活躍したい方、また自分のお店を持ちたい方にも、お役立ちできる内容です。
学習期間は最短2ヶ月で資格取得可能な域まで到達することも!

紅茶をいれるために必要なティーポットなどの用具もセットになったコースもありますので、時間がない方はこちらも要チェックです。

実際に合格した人からの口コミ

「今まではただの趣味程度に嗜んでいたのですが、資格取得のためにいろいろ調べ通信講座を利用し勉強して、何度も何度も淹れていたら同じ茶葉でも味の違いが分かるくらい成長できました。
カフェ経営など開業や副業するつもりはありませんが、これからも趣味の延長としていっぱい学んでアレンジ研究などしていこうと思います」

このように、趣味を大幅にスキルアップさせることもできるのですね。

これからの人生を彩るために重要な事だと思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでも紅茶アドバイザーについて興味を持っていただければ幸いです。
紅茶資格  紅茶資格