資格

着物着付け方資格人気徹底比較

着物

着物は日本の伝統的な被服ですが、現在では、着物は冠婚葬祭などの晴れの日のみという人がほとんどです。そのため、一人で着物を着ることができる人はほとんどおらず、着付けのプロの需要は安定しています。

ここでは、着付けの仕事に役立つ人気の資格をご紹介します。

人気 着物マイスター

着物マイスターは、日本生活環境支援協会が主催する民間の資格です。
受験資格は特になく、誰でも受験することができます。試験は年に6回、インターネットで申し込み、在宅受験で行われます。

着物マイスターを取得するためには、着物の歴史、着物と帯の種類、着物の購入と手入れ、保管方法など、着物に関するあらゆる知識が必要となります。
独学で試験に挑むことも可能ですが、着物マイスターを取得するための通信講座もあります。通信講座では着物マイスターの受験に必要な内容を体系的に学べます。

着物マイスターの資格を取得すると、帯の結び方、着物のお手入れ方法、着物のたたみ方、TPOに合わせた着物の選び方から小物の合わせ方、着物に合うメイク、髪型についてなど、着物マイスターでは、着物に関するあらゆる知識を身に付けていることが認定されます。

資格取得後は、着物マイスターとしてカルチャースクールなどで講師として活動することができます。

 

着付け方インストラクター

着付け方インストラクターは、日本インストラクター技術協会が認定する民間資格です。
受験資格は特になく、誰でも受験可能です。申し込みはインターネットで行い、在宅受験となります。試験は年に6回、偶数月に行われています。

着付け方インストラクターは、着物の着付け方、季節や天候、行事に合わせた着物の選び方、着物の仕立て方と各部位の名称など、着物と着付けに関する基礎的な知識を有していることを認定する資格です。
資格取得のためには他にも、着物を一人で着る方法や美しく着るためのポイント、着物を着たときの立ち居振る舞いなどについての知識も必要となります。

資格取得後は、着付け方インストラクターとして、カルチャースクールの講師や自宅で着付けを教えることもできるようになります。

 

着付け技能検定

着付け技能検定は、厚生労働省が指定試験機関として定めた一般社団法人全日本着付け技能センターが実施する国家検定制度のひとつです。
着付け技能検定は、他人に着物を着付ける業務に必要な技能を有していることを認定する制度です。
着付け技能検定試験は年に1回行われます。着付け技能検定試験は1級と2級の2つのレベルがあり、それぞれに学科試験と実技試験が行われます。
着付け技能検定試験には、一定の受験資格が課されています。着付け技能検定2級の学科試験を受けるためには、2年の実務経験(他装又は着付け指導の業務に携わった経験)が必要です。実務経験が無くても、各種教育機関での修業時間が一定以上に達している場合には、受験が可能となります。
1級の学科試験を受験するためには、5年の実務経験(他装又は着付け指導の業務に携わった経験)が必要です。ただし、2級合格者は実務経験1年に短縮されます。また、実務経験が無くても、各種教育機関での修業時間が一定以上に達している場合には、実務経験は1~3年、短縮することができます。
実技試験は、1級2級それぞれの学科試験に合格した者または学科試験を免除された者のみが受験することができます。

1級合格者には厚生労働大臣の名で合格証が交付され、「1級着付け技能士」と名乗ることができます。
2級合格者には一般社団法人全日本着付け技能センターの理事長名で合格証が交付され、「2級着付け技能士」を名乗ることができます。

資格取得後には、国家資格である着付け技能士として、着物に関わる様々な活動が期待されます。

 

きものコンサルタント

着物コンサルタントは、社団法人全日本気持ちコンサルタント協会が主催している民間資格です。着付けのみならず、着物を通じて日本の伝統文化の「心」を伝えていく、着物文化の専門家を目指している方におすすめの資格です。

着物コンサルタントの試験には受験資格が定められています。
『着付け指導について2年以上の実務経験がある者』『着物に関する知識を教える専門学校、各種教育講座などで、220時間以上着物に関する教育を修了した者』『全日本きものコンサルタント協会が資格ありと認めた者』の3つの中からいずれかの条件を満たしている必要があります。
着物コンサルタントの試験は年に1回、筆記試験と実技試験が開催されますが、受験するためには事前に予備講座を受講することが義務づけられています。

資格取得後は、着物メーカーにおいて商品企画やイベント企画などに携わる、呉服店での接客・営業、結婚式場での着付けなどの仕事に就くことが可能です。経験を積めば、独立して着付け教室を開く、フリーのコンサルタント、アドバイザーなどの道も開けます。

 

着付け師

長沼静きもの学院で取得できる日本和装教育協会が主催する民間の認定資格です。
着付け師の資格には1級から3級までの3階級に分かれており、いずれも長沼静きもの学院で着付師養成科を1年受講することで、資格を取得できます。

資格取得後は、着付けのプロとして、様々な場での着付けの仕事に就くことが可能です。

着物着付け方資格取得通信教育講座  着物着付け方資格取得通信教育講座