資格

盆栽資格人気徹底比較

盆栽

以前は「盆栽」というと時間に余裕のある中高年の方の趣味、というイメージがありましたが、近年では若手の盆栽アーティストの活躍も後押しして様々な年齢の方が楽しんでいます。
しかも、盆栽は海外でも愛好者が少なくなく、盆栽を通して海外で活躍されている方もいらっしゃいます。
そんな盆栽には、実力や知識を証明してくれる資格があるのをご存知でしょうか?資格を取得すれば、今までよりも知識も実力もステップアップし、活動の幅が広がるかもしれません。趣味で楽しまれている方も、これを機会に資格取得に向けてスタートしてみては如何でしょうか?
今回は、人気の盆栽資格を徹底比較でご紹介致します。

盆栽士

「盆栽士」は、日本園芸協会による資格で、通信教育を修了した方に付与される資格です。そのため、実技面も通信で添削を受けます。しかしながら、通信といえども、実技の添削も丁寧に返答してくれる様で、家にいながらプロのアドバイスを受けられることで人気です。
通信講座のテキストも充実しており、じっくりと一年間かけて学ぶのが一般的な様です。焦らずに盆栽の知識を充実させれば、講座修了時には以前よりワンランクアップしたご自身に出会えることでしょう。
<盆栽士>
・得られる資格:盆栽士資格
・受験料:51,000円(消費税込み)(一年分のテキスト・指導費込み)
・URL:http://www.happy-semi.com/bonsai/

苔玉士

「苔玉士」は、日本インストラクター技術協会による認定資格です。試験では、苔玉インストラクターとして苔玉を作る際の道具や、苔玉に最適な樹の種類を問われます。合格すれば苔玉士として講師活動が出来、趣味を仕事に出来る点も人気の秘密と言えるでしょう。
又、試験は在宅で受験することが出来るため、忙しい方も隙間時間で資格取得を目指せます。自由時間を利用し、日曜大工ならぬ、日曜苔玉士として活躍するのは如何でしょうか?
<苔玉士>
・得られる資格:苔玉士資格
・受験料:10,000円(消費税込み)
・URL:https://www.jpinstructor.org/shikaku/kokedama/

人気 盆栽士

「盆栽士」は、日本デザインプランナー協会による認定資格です。盆栽の基本的な知識を問うのが試験内容であり、盆栽の歴史に始まり盆栽を剪定する際の知識、そして害中対策に至まで試験内容は細かく別れています。そのため、「盆栽士」認定試験においては、盆栽に関するあらゆる場面を想定して学習すると良いかもしれません。
又、海外での盆栽の在り方なども問われますので、日本国内外広い視野を持ち、盆栽関連のニュースは積極的にチェックするのがおすすめです。
知れば知る程深みに魅了されてしまう、盆栽士としての世界があなたを待っていますよ。
<盆栽士>
・得られる資格:盆栽士資格
・受験料:10,000円(消費税込み)
・URL:https://www.designshikaku.net/test/bonsai/
伝統的な日本文化の盛り上がりに従って、盆栽も今注目されています。周りよりもいち早く資格を取得し、盆栽資格保持者として広く世界で活躍されては如何でしょうか?
盆栽資格  盆栽資格