資格

発酵食品資格人気徹底比較

発酵食品

発酵食品が体や美容にもとても良い食品として知られており、納豆、味噌、しょうゆ、チーズ、ヨーグルト、キムチ・・など、日本にはたくさんの発酵食品が溢れています。しかし、「発酵食品がどうして体に良いのか」「発酵食品にはどんな種類があるの?」「どうやって生活に取り入れたらいいの?」など、わからないまま食にしている方が多いのではないでしょうか。そんな疑問を解決してくれる資格が発酵食品資格です。正しい知識を学ぶことで、自分や家族、周りの人たちの健康や美容に関して正しく管理できアドバイスができます。では、発酵食品資格の人気徹底比較を紹介します。

人気 発酵食健康アドバイザー

発酵食品や発酵食品を使った料理などに関する知識を有している方に認定される資格です。発酵食品の発酵の過程における微生物の菌の働きに関して熟知し、美容や健康にどのような効果があるのか、乳酸菌発酵、納得菌、酵母菌、麹菌などそれぞれの働きや効果に関する知識を学ぶことができます。また、発酵食品を使った料理や効果的な食べ合わせの方法、自家製発酵食の作り方などアドバイスできる知識・技能が身に付きます。資格取得後は、発酵食品に関するスペシャリストとして、美容、健康などあらゆるアドバイスができます。

主催団体 日本インストラクター技術協会
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 インターネットからの申込
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
参考URL https://www.jpinstructor.org/shikaku/hakkousyoku/

第発酵食品マイスター

発酵食品に関する幅広い知識を有していることを認定される資格です。発酵と腐敗の違い、主な発酵食品とその違い、麹や菌の働き、発酵食品に関する知識、発酵過程の微生物の働きや有機物の美容と健康効果、身近な発酵食品など、発酵食品に関わる様々な分野に関して、深い理解を有していると証明されます。資格取得後は、健康関連、美容関連、食育に関する仕事に活かせます。

主催団体 日本安全食料料理協会
受験資格 特になし
受験料 10,000円(税込)
受験申請 インターネットからの申込
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
参考URL https://www.asc-jp.com/test/hakkou/

第健康食コーディネーター

食材の効能と選び方、腸内環境を整える発酵食品、ヘルシースイーツ、糖質制限の方法や食品表示の読み方、栄養バランスの良い健康食レシピ、薬膳レシピなど、毎日の食事から健康になる方法が学べます。資格取得後は、料理教室の開講、飲食店開業のプロデュースなど幅広く活躍できます。また、栄養士や調理師の方にもお勧めです。

認定機関 日本創芸学院
受講方法 通信講座
参考URL http://www.happy-semi.com/ks/

第発酵マイスター

発酵マイスターは、日本発酵文化協会認定の資格です。発酵食品の魅力を伝え、日本の伝統的食文化を継承していくことを役目としています。日本の発酵食品をはじめ世界の発酵食品について、発酵の原理、歴史、効果などを体系的に学び、生活に発酵食品の取り入れ方、楽しみ方など知識だけではなく、技術を身に付けることができます。発酵食品を学び、発酵食品をさらに好きになることで、自分自身が健康になり魅力を高めていくことを目的としています。「発酵マイスター養成講座」と「発酵実習教室」を受講後、課題提出と受験をし、合格後資格が認定されます。

主催団体 一般社団法人日本発酵文化協会
必須講座 「発酵マイスター養成講座」と「発酵実習教室」
講座内容 発酵概論・発酵食品概論・日本の発酵食品・実食
講座期間 4日間
受講料 140,400円(税込)(講座+入会金+実習費+テキスト)を含む
参考URL http://hakkou.or.jp/pages/sikaku#master

第発酵食スペシャリスト

あらゆる発酵食品に対する知識を身に付け、発酵食品の正しい選び方、効果、発酵食品の活かし方、調理法のコツ、発酵調味料の作り方など、発酵食品に関する知識と技術が身に付きます。通信講座で学ぶことができ、講座修了すると、「醸(かも)しにすと」として資格認定されます。資格取得後は、飲食関係、美容・健康関係でのアドバイスなど様々な分野で活躍できます。

主催団体 一般社団法人ホールフード協会
講座運営 株式会社 学文社
受講料 36,000円(税込)
受講方法 通信講座
参考URL http://www.gakubun.net/pc/contents/shop/LP/hakkou/c31.html
発酵食品資格  発酵食品資格