資格

焼酎コンシェルジュ口コミ評判

焼酎

焼酎コンシェルジュの資格は、焼酎にはさまざまな種類があり覚える事も多い資格とされていますが、普段から焼酎を楽しんでいる方には比較的簡単に取れる資格として人気があります。自ら焼酎をアレンジして飲んでいたり焼酎しか飲めないという方は、是非焼酎コンシェルジュの資格に挑戦してみてはいかがでしょうか?男性だけでなく女性にも人気のある焼酎コンシェルジュの資格について口コミや評判を紹介したいと思います。

焼酎コンシェルジュとは

焼酎の種類に合わせた原産地の知識や正しい製造方法などをしっかりと理解をしていて、焼酎に合う料理や飲み方など的確にアドバイスが出来る方の証となります。焼酎を楽しむ上で雰囲気作りやおもてなしの方法など、焼酎に関するトータル的な知識を有していなければいけません。焼酎本来の味を楽しむ飲み方や、またオリジナルの酎ハイの作り方などを熟知していなければいけません。焼酎コンシェルジュの資格は日本インストラクター技術協会が認定している資格になります。受験資格は特になく、受検料10,000円(税込み)を支払い、自宅にて試験を受ける事が出来ます。焼酎は20歳を越えていれば老若男女、誰でもおいしくいただく事が出来ます。焼酎コンシェルジュの資格は自宅でお酒を楽しむ方や幅広い職種でも利用されるています。食品業界はもちろんの事、飲料業界に携わる人にも人気のある資格として知られています。

焼酎を使ったカクテルがおいしい

焼酎本来の味を楽しむ事もいいのですが、さらにおいしい飲み方を追究した焼酎カクテルが人気があります。焼酎にはアルコール度数の強いものもあるので、お酒が弱い人でもカクテルにする事で飲みやすく変化させる事が出来ます。お好みのジュースやフルーツと合わせて、簡単にオリジナルの焼酎カクテルを作る事が出来ます。コーラとライムを入れたものやオレンジの果肉と一緒に混ぜ合わせたカクテルなど作り方はさまざまです。初めからレモンを縛った酎ハイなどがあるので、お好みの味を追究していけば限りなくメニューは増えていくことでしょう。また食事に合わせたカクテルを作る事で、バリエーションに富んだおしゃれな食卓を演出する事ができます。

お酒の席での自慢が出来る

社会人になってお酒の席が多くなってくると、会話の途中で焼酎の深い知識を話す事により、ちょっとした自慢話をする事が出来ます。焼酎を販売しているお店の方と同じだけの知識量を習得する事が出来るので、素人ではわからない専門的な知識を持っていることを証明できます。会話を弾ませる事にもつながり楽しいお酒の時間を過ごす事が出来ます。またお酒が苦手な方でも飲みやすい焼酎を紹介する事もできるし、変わった味を求めている人にはクセの強い焼酎を勧める事が出来ます。焼酎を楽しむスキルをあげることにもつながるので、上司や同僚とも楽しくお酒を堪能する事が出来ます。

血栓症や脳梗塞の予防になる

焼酎には他のお酒と比べて、血液をサラサラにしてくれる「ウロキナーゼ」の分泌を促してくれる効果があります。運動不足になっていたりストレスを抱えやすい方には効果的な役割があります。ワインは血液をサラサラにしてくれる代表的なお酒として知られていますが、焼酎の場合はワインの1.5倍の効果があるとされています。血液がドロドロのままだと血栓症を招いたり、脳梗塞の恐れが高くなります。自宅などで普段からお酒を飲んでいる人は焼酎に変えるだけで、血液には大きな変化を与えてくれるのです。

まとめ

焼酎は数多くの種類が存在します。普段から飲みなれている味から、まだ出会っていない焼酎もいっぱいあることでしょう。ご当地の焼酎を飲む事の出来るお店やおしゃれなバーなどがあります。それ以外にも焼酎を世の中の人に広めるためにさまざまなイベントも開催されています。焼酎コンシェルジュの資格を取る事で味の違いや製法の違いに気が付く事が出来るでしょう。味以外にも楽しみを与えてくれる資格となっています。
焼酎資格  焼酎資格