資格

水耕栽培資格人気徹底比較

水耕栽培

水耕栽培という言葉をご存知でしょうか?水耕栽培とは、野菜や果物を土を使わず水で栽培する技術の総称です。いちご狩りのハウスなどで見かけたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ここでは水耕栽培や野菜の栽培に関する人気の資格をご紹介します。

 

人気 水耕栽培士

水耕栽培士は、日本生活環境支援協会が主催する民間の認定資格です。
日本生活環境支援協会は、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。
試験は年に6回、偶数月に行われます。インターネットから申し込み、在宅受験となります。受験資格は特になく、誰でも受験することができます。

また、日本生活環境支援協会が指定する通信講座を受講・修了することで試験が免除され、資格が付与されるコースもあります。

水耕栽培士とは、水耕栽培を使った野菜の育て方に関するあらゆる知識を有していることを証明するための資格です。
野菜を水耕栽培で育成するために必要な道具類、排水の配管、水温の管理法、害虫対策、水耕栽培に向いている野菜の種類と栽培方法などの基本的な知識に加え、水耕栽培の様々な技法についての知識も必要となります。
タワー型、ポンプ式、トロ舟、多段式、連結式、発泡スチロールなどを使った技法などについての知識も問われます。

水耕栽培士の資格を取得することで、これら水耕栽培に必要な知識を有していることが証明されます。

資格取得後は、自分で水耕栽培で野菜を作るのはもちろん、野菜の水耕栽培の普及に関する活動ができるようになります。

 

水耕栽培インストラクター

水耕栽培インストラクターは、日本インストラクター技術協会が主催する民間の資格です。
試験は年に6回、偶数月に行われます。受験資格は特になく、誰でも受験することが可能です。インターネットから受験申し込みを行い、在宅での受験となります。

また、日本インストラクター技術協会が指定する通信講座を受講・修了することで試験が免除され、資格が付与されるコースもあります。

水耕栽培インストラクターとは、水耕栽培を行うために必要な知識や、野菜や果物など、それぞれの特性に合わせた栽培方法を熟知していることを証明する資格です。

水耕栽培では、土は使わず水で野菜を育てます。そのため、水耕栽培では水がとても重要な役割を果たします。水耕栽培のための水には十分な酸素と栄養が必要となります。水耕栽培のキットなども市販されている昨今は、キッチンなどの狭いスペースでも水耕栽培を楽しむことができます。
また、ある程度大きな設備で水耕栽培を行うためには、水中に酸素を送り込むためのポンプや配水管などが必要となります。水耕栽培を行う場所、植床の種類、食用と観賞用の育て方の違いについての知識も、水耕栽培インストラクターには必要となります。
最近注目されているアクアポニックスでの水耕栽培方法についての知識も、水耕栽培インストラクターには必要となっています。
これら水耕栽培に必要な様々な知識や技術を有していることを証明してくれるのが、水耕栽培インストラクター資格です。

資格取得後は、水耕栽培を楽しみたい方へ水耕栽培インストラクターとしてアドバイスしたり、カルチャースクールで講師として活動することができます。

 

美味安全野菜栽培士

美味安全野菜栽培士は、日本園芸協会が主催する民間の認定資格です。
認定試験はなく、所定の講座を受講・修了後に課題を提出することで、美味安全野菜栽培士の資格を取得することができます。

美味安全野菜栽培士の資格を取得するための「野菜づくり講座」は、通信教育でのみ実施されています。自宅で受講することができるので、仕事や家事、介護などで忙しい方でも、自分のペースで学習を進めることができます。

野菜づくり講座では、野菜の基礎知識、土の知識、肥料の種類、病気・害虫、土つくり、種子まき、育苗、接ぎ木、マルチ、トンネル、有機農法、有機農法の家庭菜園、コンテナ菜園、食品加工の作り方、販売方法などを学びます。
普段、私たちが慣れ親しんでいるキュウリやトマトなどの定番野菜の栽培方法から、京野菜他、全国各地の伝統野菜やミントやバジルなどのハーブ、ビーツやコールラビなどの珍しい西洋系野菜の栽培方法についても学習します。

テキストでは、野菜の歴史や分類、生態、栽培環境などを、経験豊かな専門家がきめ細かく解説しています。
また、野菜づくりの実践については、野菜づくりのプロが長年培ってきた、土づくりから育苗・接ぎ木、ハウス栽培まで、作物を元気に育てる本格的な栽培のノウハウを基本から応用・実践までくわしくレクチャーしています。
化学肥料や農薬を使わない、オーガニック野菜のつくり方についても解説しています。堆肥・ボカシ肥のつくり方、病害虫防除など、野菜本来の旨みや栄養をはぐくむ農法を学ぶことができます。
専門的な農業技術以外にも、野菜づくり初心者の人でも親しみやすい、家庭菜園向きの品種や栽培方法、コンテナ栽培のコツも学べるので、まずは何か野菜を作ってみたいという方の入門編としてもおすすめです。

資格取得後は、野菜の知識を活かして野菜販売や、栽培の知識を活かして、農園での畑作指導者などとして活躍することができます。
水耕栽培資格取得通信教育講座  水耕栽培資格取得通信教育講座