資格

日曜大工士認定試験口コミ評判

DIY

「棚を作ってほしいと頼まれた」「自分で簡単な修理ができるようになりたいと思った」など、日曜大工をスタートさせるきっかけはひとによって様々です。自分の手で、自由にモノを作ったり、自宅のインテリアを改造する日曜大工に夢中になる人々が増えています。

日本にはホームセンターや100円均一ショップなど材料が安価で豊富なことも、日曜大工を趣味とする人たちが増えている大きな要因のようです。

そこで、日曜大工に必要な知識があり、実際に修繕作業やリメイク作業に必要な技術を持っていることを認定する日曜大工士認定試験」という試験が生まれました。

この「日曜大工士認定試験」が、「日本デザインプランナー協会」にて実施されています。

この記事ではこの「日曜大工士認定試験」についてご紹介します。

特別な受験資格は必要なの?

結論から言えば、「日曜大工士認定試験」を受験するために必要な受験資格は特にありません。

必ずしも建築系の資格やホームセンター勤務などの特別の経験がなくても、自由に受験することができます。「日曜大工士認定試験」は、あくまでも一般的なご家庭での日曜大工についてアドバイスができる知識を持っていることを認定するための試験です。

「日曜大工士認定試験」の試験詳細について

試験レベル

「日曜大工士認定試験」では、日曜大工士とは、日曜大工の際に必要とする道具の使い方、床材の種類、壁紙の張り方、レンガの種類、棚や家具などの製作知識を理解していることを認定する資格になっています。

試験主催者側から発表された試験詳細は以下の通りです。

1.手作り黒板,リメイクテレビ台,カラーボックスに扉をつける,襖リメイク術,そうめんの木箱リメイク,コンセントカバー,低コストで出来るペットケージ

2.かごの製作,おしゃれなディスプレイラック,アイデア収納をDIY,すのこと木箱,すのこアイデア雑貨,百均アイテムでひと手間,壁に棚を付ける,おしゃれ飾り棚

3.オリジナル雑貨をDIY,いらない物で雑貨作り,ランプシェード,カラーボックスDIY,カラーボックスベッド,すのこ家具,カウンター製作,テーブルの製作

4.本格ハンガーラック,桐の木材でラック,モザイクタイル,賃貸のヒーロー ディアウォール,ディアウォールで壁作り,ベランダを開拓など

受験料について

日曜大工士認定試験は、「10,000円(消費税込み)」となっています。 

受験申し込み後から数日後に、試験問題と解答用紙が郵送されます。このとき、受験料を「代金引換」にて支払うシステムになっています。

受験申込み~合否通知の受け取りまでの流れについて

日曜大工士認定試験は、2カ月に一度の頻度でインターネットから受験申し込み可能です。

後は決められた試験期間内までに、回答用紙を返送すれば完了です。

その後インターネットに掲示されている「合格通知発送日」から数日後に合否通知が郵送されます。

合格認定証および認定カードの発行について

合格後希望者には、以下の手順で合格認定証および認定カードの発行を依頼することができます。

1.申込みフォームから合格認定証/合格認定カードを選択して発行申請を行う

2.本人写真(縦4cm×横3cm、フチなしのもの)を、協会宛に郵送する

発行に関する費用の支払いは受験料同様に代金引換(日本デザインプランナー協会のサイトによれば、佐川急便のeコレクトサービスになるようです。クレジットカードやデビットカードが使用できます)になります。

なお、合格認定証・認定カードともにそれぞれぞれ「5,500円(消費税込み)」となっています。

手数料や送料は一切掛かりません。 

受験場所について

「日曜大工士認定試験」は在宅受験になっています。

答案提出期限の範囲内で、都合のよい受験日を自由に選ぶことができるのは、お仕事をお持ちの方や子育て中の方にも受験しやすいうれしいポイントですね。

設定された試験期間内の都合のいい日に、受け取った解答用紙で受験した後には、日本デザインプランナー協会まで速やかに返送しましょう。

合格基準について

日曜大工士認定試験の合格基準は、70%以上の評価となっています。

日曜大工士認定試験の口コミと評判

では、実際に「日曜大工士認定試験」を受験された方々の声を聞いてみましょう。

「ハンドメイドサイトに木工製品を出品している日曜大工好きの40代男性です。しかし売り上げがあまり伸びず、同種の作家さんと違う特色を出したいと思い、この日曜大工士認定試験を受験しました。合格後は、やはり売り上げが改善され、ライセンス取得の効果に今更ながら驚いています。」

「工務店に勤務している20代男性です。お客様サービスの一環として日曜大工教室を開催することが決まり、社長からこの日曜大工士認定試験を受験するようにといわれました。お客様のお子様が自分と同年代であることも珍しくないため、頼りなく見られてしまうことが悩みでしたが、この日曜大工士認定試験合格後の日曜大工教室に参加してくださったお客様からは「頼りになる」「見直した」といって抱けるようになりました。」

「一人暮らしの味気ないワンルームを、いろいろ工夫して改造してSNSに拡散することが趣味になっています。そんななかこの日曜大工士認定試験を知り、さっそく受験しました。もちろん合格後はSNSでフォロワーに報告し、次は相談サイトを立ち上げてほしいといってもらっています。」

などの声が寄せられています。

まとめ

このように日曜大工士認定試験は、実生活でも大いに役立つ日曜大工のスキルを深め、日曜大工の楽しさを人に伝えることができることを認定する資格なのです。

ぜひこの「日曜大工士認定試験」への受験を検討してみてくださいね。
DIYアドバイザー  DIYアドバイザー