資格

手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

クラフト

はじめに 手芸アドバイザーとは

クラフトに関するカーピング、ギャザーなどの様々な知識、技術を理解していることを認定する資格です。
趣味や副業で大人気の手芸関係は他にも、「ハンドメイドマイスター」や「ニードルフェルトデザイナー」などの資格があります。

クラフトはジャンルが広く、若者から年配の方まで幅広く、多くの人が楽しめる趣味です。
初心者の方でも簡単に実用的なものをつくることができ、普段の生活や日常に自分の作った作品を使用することで、簡単にライフスタイルを変えることもできます。
また、自分で作ったハンドメイドを使い、物を買うことが作ることへ変わることも。少し空いた暇な時間を活用するのにピッタリです。

仕事に役立つだろうか?

手芸だけの仕事というのは求人がとても少ないです。企業では、すでにプロの方が所属している場合が多いので、それを空くのを待つだけでは厳しいでしょう。
どうしても手芸を本業にして生きていたいという方は、開業やフリーで活動することがおすすめです。

ハンドメイド分野は年々人気が高まり、アプリやネット通販を見ていただければわかると思いますが、販売者の数が物凄く多いです。
資格を持っていない、なおかつ初心者の方でもアプリを利用して副業程度に稼いでるというケースも。

もし時間があるのならば、試しに自分の作品を出品してみるのもいいかもしれません。自分で作ったものが人を喜ばすものとなる瞬間は気持ちいいでしょう。

受験場所や試験の申込方法

手芸アドバイザー認定試験は「日本生活環境支援協会」という団体が主宰しています。

日本生活環境支援協会のホームページがあり、そこからの申し込みのため、全国どこからでも受験することが出来ます。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なのでリラックスして取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

手芸は好きだけど今まで独学だった方へ

手芸アドバイザーになるための通信講座もきちんと存在します。
例えば「諒アーキテクトラーニング」というスクールでは、二つの資格が100%取れるという内容のスペシャル講座があります。
一つはもちろんこの手芸アドバイザー。もう一つは日本デザインプランナー協会主催の「ハンドメイドマイスター」という資格です。

確実に資格を取りたいと思われるのでしたら、しっかり勉強できる通信講座を選択肢に含めるのもいいでしょう。

手芸アドバイザーに関する口コミ

「子どもと一緒にできることを探していて、手芸という案を考えましたが自分が初心者だから子どもに教えることもできないと思い、思い切って通信講座で習い始めました。資格を取得してからは子どもに教えることはもちろん、小物や服飾も作れるようになったり、友人に指導することも多くなりました。資格を取って本当に良かったです」

など、とても好印象な口コミも寄せられました。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、手芸アドバイザーについて少しでも興味を持っていただければ幸いです。
ハンドメイド  ハンドメイド