資格

手作りパン資格人気徹底比較

パン

パン作りに必要な材料や製法に関する知識から実際のパン作りの技能に至るまで習得していることを証明する資格が、このお菓子資格です。

国に公認を受けている資格から民間資格までさまざまであり、これらの資格を保持しているとパン作りを自分や家族のために役立てられるだけでなく、パン作りに携わる職業に就く近道になります。

似た名前の資格が多く、資格を取得することでどのような知識を学べるのか、取得しようとする手作りパン資格をどのように仕事に役立てるのかといった明確な目標を定めましょう。その上で、目的にかなった資格を取得することになります。

人気 手作りパンソムリエ

手作りパンソムリエは、日本安全食料料理協会によって主催されている手作りパン資格です。パンの歴史といった基礎知識からパン作りに用いられる材料や製法に関する知識まで、幅広く体系的に習得することができます。

この資格を保持していますと自宅でパン作りを行なえるだけでなく、飲食関係の職業に就く近道になります。

手作りパンソムリエ資格は誰でも受験可能で、通信講座に受講したり本を購入して独学で受験することもできます。また70%以上の正答率で合格で、在宅でも受験可能です。受験料が10000円と安いのが、この資格の魅力だと言えるでしょう。

2位 ベーカリーパティシエ

ベーカリーパティシエは、日本インストラクター技術協会主催によって主催されている手作りパン資格です。パンの起源はもちろんのこと、パン作りの材料や製法、さらにはパン作りに欠かせない発酵についての知識といった実践的なパン作りのポイントまで幅広く体系的に習得することを目指します。

この資格を保持していますと自宅でパン作りを行なえるだけでなく、パン教室を開いて講師活動を行なうことも可能です。

ベーカリーパティシエ資格は誰でも受験可能で、通信講座に受講したり本を購入して独学で受験することも可能です。また70%以上の正答率で合格で、在宅でも受験可能です。受験料が10000円と安いのも特徴です。

3位 おうちパンマスター

面倒な製法に依存しない、おうちでも簡単に行なえるパン作りの習得を目指すのが、このおうちパンマスターです。

この資格を習得することで、初心者でもおいしいパン作りを行なうことが可能なだけでなく、初心者向けのパン教室を開催したりすることもできます。

おうちぱんマスターは通信講座か認定教室の受講を終了したあと、テストを受験し70%の正答率で合格になります。学習期間が1週間から2ヶ月程度なので、自分のペースで習得したいという方向きなのが特徴です。通信講座は15000円で、資格合格後の認定に5000円かかります。

初心者でもパン作りをマスターできる一般向けの資格であると言えるでしょう。。

4位 パンアドバイザー

日本野菜ソムリエ協会が主催する資格が、このパンアドバイザーです。パンに関する知識を身につけて、その知識を食文化を一般に普及させることを目的とした資格です。

受講料は入会金込みで75500円と費用は高めで、講座を受講後の試験に合格することで資格を認定されます。試験の難易度については、合格率が90%と高いことから手軽に取得できる資格だとも言えるでしょう。

パン作りに従事しない一般向けの資格であると同時に、パンの食文化を伝えたいライターや経営者のためのプロ向きの資格であります。

5位 パンコーディネーター資格

日本パンコーディネーター協会(JPCA)によって主催されているのがパンコーディネーター資格で、日本生涯学習協議会(内閣府)が監修している検定のひとつでもあります。パンについての適切な助言や提案を行なえるようになることを目指した資格でもあります。資格は3段階に分かれ、パンに関する仕事に就きたい方からパン教室やセミナーの講師を目指す方まで、幅広い層を対象にしています。

パンコーディーネーターの受講料は129600円で、受講後の試験に合格することで資格が認定されます。試験の難易度ですが、合格率は80%となっています。

パンの知識をビジネスに活かしたいというプロ向けの資格でしょう。

6位 パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定委員会が主催するパンシェルジュ検定。パンについての歴史から、製法・器具・材料まで幅広い知識をもっていることを証明する資格です。

1級から3級まで分かれ、受験料は4600円(ベーシック)から7500円(マスター)とさまざまです。試験に合格することで資格が認定されます。

パン作りを仕事にしたい方から家族のために役立てたいという方まで、幅広い層を対象とした資格であると言えるでしょう。
手作りパン資格講座  手作りパン資格講座