資格

建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判

模型

プロを育て上げる仕事

様々な種類の模型を十分に理解し、実務で通用するレベルに達していて、尚且つ人に指導できる資格、それが「建築模型技工士インストラクター」です。
いわば「専門家のプロ」ですから、それなりの知識が必要になってきます。

資格を取得してからは、主に建築模型専門の製作会社や建物設計事務所で活躍できるようになります。

資格の勉強内容

建物設計者の考えを形にして、企業やクライアントにわかりやすく伝えるためのツールや模型を使って説明する技術を高めることがこの資格の目的です。
模型の種類は多々あります。設計内容を確認するために作る「スタディ模型」や、名称の通り展示するために使われる「展示模型」など、様々な種類の模型を熟知する必要があります。

どこで受験できるのか

この資格試験が受けられる場所は「日本インストラクター技術協会」という団体です。
内容は、教える力を中心とした技術を評価し、認定してくれる協会です。他にも機械・設備・電気CADインストラクターや福祉心理アドバイザー認定試験など、多岐にわたり活動しています。

建築模型技工士インストラクター認定試験は、インターネットから申込み、全国どこからでも受験することが出来ます。

受験会場はもちろん自宅で。期日までに解答用紙を提出し、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。
受験料は消費税込みで一律10,000円。合格基準は評価の70%となります。

試験は二ヶ月ごとに実施されているので、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

建築模型技工士インストラクターについての口コミ

通信講座で学ぶ方がほとんどだと思いますが、その中から一部紹介いたします。

「元々設計図になれていたため、立体図がすぐに想像できた。そのような想像力があると、材料の選択や作業時間を予測出来て効果的。
建築関係の仕事をしていたが、スキルが劇的に上がりお客様や社員に自信をもって説明できるようになった。
学生だけれど、模型が好きで建築関係に就職にしたいと思い取得した。将来に向けての励みになった」

と、良い印象の口コミが多かったです。

趣味がモノづくりで、資格はあくまで腕試し

上記の口コミを見ていただいたらわかると思いますが、建築模型技工士インストラクターは、人に模型を教えるという目的以外にも取得理由があります。
昔から細かい作業やプラモデルが好きで、遊びながら独学で勉強しながらと、技術や知識は備わっているけど、資格なんて考えもしなかった、という人もこの資格に気付き、では折角だから受験してみようか。というパターンも。

でもやはり趣味よりも、資格取得を目指す人は仕事に活かしたいという方が多いですね。

他にも、今まで趣味で活動していたけど模型で副業をしたいから資格も必要だ。と、考える方もいました。
物や技術、何をを売るにしても資格は大きな信用になります。

自分は建築の仕事をしているわけでも、したいわけでもないから取れない、なんてことはありません。
模型やプラモデルが好きならば、もう少し考えてみてください。もしかしたら別の道も開けるかもしれません。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んで少しでも建築模型技工士インストラクターついて興味を持っていただければ幸いです。
建築模型・住宅模型資格  建築模型・住宅模型資格