資格

出汁資格人気徹底比較

出汁

出汁についての基礎知識や、料理への応用といった生活や仕事で役に立つ知識を習得したと証明するのが、出汁資格です。

国家資格でありませんが、さまざまな民間団体によって主催される民間資格です。これらの資格を保持していると出汁を自宅で作って自分や家族のための料理に活かすことができるだけでなく、出汁について自宅やカルチャーセンターなどで講師活動をできます。

出汁資格には似た名前の資格が多いです。ですので取得するとどのような知識や技能を習得できるのか、取得しようとする出汁資格を何に役立てられるのかといった明確な目標を定めましょう。その上で、目的にかなった資格を取得することになります。

人気 出汁マイスター

出汁マイスターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)によって主催されている出汁資格です。日本食に欠かせない出汁について歴史から出汁を使った料理についての知識を習得していることを証明します。また海外の出汁に関する知識や栄養学的観点からの深い知識などを、出汁マイスターを目指すことで幅広く学ぶことが可能です。

この資格を保持していますと飲食業界の職業への就職の近道になるだけでなく、すでに料理で仕事をされている方も出汁の知識を役立てることができます。

出汁マイスターは誰でも受験でき、通信講座に受講したり本を購入して独学で受験することも可能です。またスペシャル講座を受講することで、出汁マイスターと後述の健康出汁アドバイザーの資格を試験免除で習得することもできます。試験は2ヶ月に1回行われ、在宅で受験する運びとなります。6日間の受験期間に試験を解き、それを期日までに提出します。出汁マイスターの資格は70%以上の正答率によって習得できます。また受験料が10000円と安いのが、この資格の魅力だと言えるでしょう。

2位 健康出汁アドバイザー

健康出汁アドバイザーは、日本インストラクター技術協会(JIA)によって主催されている出汁資格です。出汁の材料から出汁の取り方、さらには出汁を使ったおいしい料理法まで、出汁についての知識や技能を習得していることを証明します。

この資格を保持していますと、健康出汁アドバイザーとしてカルチャースクールをはじめとしたさまざまな場所で講師をすることも可能です。またスペシャル講座を受講することで、健康出汁アドバイザーと前述の出汁マイスターの資格を試験免除で習得することもできます。

健康出汁マイスター資格は誰でも受験でき、通信講座に受講したり本を購入して独学で受験することも可能です。試験は2ヶ月に1回実施され、自宅で受験することになります。試験期間の6日間で試験問題を解き、解答を提出しなければなりません。受験料も1万円と低価格です。出汁マイスターと同じく、正答率が70%以上で合格です。

3位 だしソムリエ

だしソムリエは、だしソムリエ協会が認定する資格試験です。資格は3段階に分かれ、クラスが上がるにつれて出汁に関する知識や出汁を使った料理への応用など深い知識を習得することが可能になります。

一般的にはどのクラスも、だしソムリエ協会が行なう講義を2日間受講する必要があります。しかし1級から3級までトリプル受講を志望される方のみ、3級は自宅学習することが可能です。講義を受講後、試験に合格することでだしソムリエ資格を取得することができます。だしソムリエ検定の難易度ですが、3級は合格率が99%と容易なのに対し1級は3割程度と合格率がグッと下がります。受講料は試験料込みで59800円(1級)と、若干高めの設定がなされています。

出汁を自分や家族の料理のために使うといった初心者から、出汁を使った料理の仕事に活かしたいという方まで幅広い層を対象とした資格であると言えます。

4位 かんぶつマエストロ

かんぶつマエストロは、日本かんぶつ協会が認定する資格試験です。3段階のクラスに資格は分類され、かんぶつの知識を料理に活かしたいという初心者からかんぶつ製造者や卸売業者といったプロフェッショナルまで幅広い層を対象としています。

日本かんぶつ協会が行なう講義を受講後、試験に合格することでかんぶつマエストロ資格を取得することができます。

かんぶつの知識をビジネスに活かしたいというプロ向けの資格であると言えるでしょう。
出汁資格講座  出汁資格講座