資格

住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

kasegerushikaku

はじめに この資格は

住まいアドバイザーとは、建物及び建築材料に対する一般的な知識、また住まいの視点見た鑑定、判断能力が一定以上だと認定する資格です。
また現在建築業界や不動産業で働いている方にも人気ですが、インテリア業界に就職・キャリアアップしたいとお考えの方からの支持も熱い資格です。

資格を取ることによって、今住んでいる住宅の今後のケアなども理解できるはず。仕事で使わなくてもこれからの生活で必要だと思ったら勉強することも大事です。

住まいアドバイザーはどんな仕事?

自宅で安心した生活を送りたいというのは当たり前に誰もが思う事です。
日本では特に、耐震性に優れた材料、人の体に優しい材料で作られた住居が求められる世の中となってきました。
そんな時こそ活躍するのが住まいアドバイザーです。人々の住まいを評価して、安心できる生活を求める人に最適な物件を判断・紹介することができるでしょう。

どのような材料で作られた家がどんな効果をもたらし理想的なのか、そのあたりを知識を使いアドバイスするのも住まいアドバイザーの役割です。

認定試験の受験方法

この試験は「日本生活環境支援協会」という団体が開催しています。

ホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができ、試験会場も自宅のため落ち着いて取り組むことができます。
5日間の試験期間を終えたら答案を提出、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

住まいに関する通信講座

このような専門的な試験を独学だけで臨むのは難しいかもしれません。
でも時間がなくて専門学校や教室なんてとても無理!という方は、通信講座を利用してみてはいかがでしょう。

この記事では住まいアドバイザー認定試験に対応した講座をご紹介いたします。
「SARAスクール」という女性向けの通信講座があるのですが、そこの講座の一つ「住まいアドバイザー」をおすすめします。
この講座では住まいに関する二つの資格を取得でき、教材は完全オリジナルで初心者でもわかりやすいものとなっています。
通信教育の大手ポータルサイトでは、「輝ける女性部門 第1位」「女子力アップBeauty部門 第1位」「美しくなれる通信教育部門 第1位」の3冠を獲得して、利用者の方からも満足だったと口コミの多い通信講座です。
また、卒業課題を提出すると認定試験が免除になり、住まいアドバイザーともう一つ、日本インストラクター技術協会が主催している「建築材料アドバイザー」の二つが同時に取得できるコースもあります。

ちなみに、このスクールは女性のためと謳っておりますが、男性の方でも気軽に受講することができますのでご安心ください。
もし通信講座に興味がおありでしたら、一度ホームページをのぞいてみることをおすすめします。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
一生で一番大きな買い物といわれる住居ですが、それを慎重に選び、細かいところを気にするのは当然のことで、その知恵を持った人が必要になるのです。
この記事を読んでいただいて、少しでも住まいアドバイザー興味を持っていただければ幸いです。