資格

フレンチ資格人気徹底比較

フレンチ

フランス料理についての基礎知識だけでなく、地域ごとによって異なる郷土料理やフランス料理に欠かせないマナー、さらにはフランス料理の健康や美容に及ぼす影響など、フランス料理に関する幅広い知識を習得したと証明するするのが、フレンチ資格です。

国家資格でありませんが、さまざまな民間団体によって主催される民間資格です。これらの資格を保持しているとフランス料理を自分や家族のために提供できるだけでなく、フランス料理について自宅やカルチャーセンターなどで講師活動をできます。

似た名前の資格が多いので、取得するとどのような知識を習得できるのか、取得しようとするはちみつ資格をどのように役立てるのかといった、しっかりとした目標を定めましょう。その上で、目的にかなった資格を取得することになります。

人気 フレンチソムリエ

フレンチソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)によって主催されているフレンチ資格です。フランス料理の基礎知識や調理の仕方はもちろんのこと、フランス料理で使われる器具・食器についての知識を習得することができます。またフランス料理の調理には欠かせないスープやソース、調味料や香辛料、さらには肉料理・魚料理・野菜料理・デザートで用いられる食材やそれらのレシピについて、幅広いフランス料理の知識を学ぶことができます。

この資格を保持していますと自分や家族のためにフランス料理を提供できるのはもちろんのこと、フレンチソムリエとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動をすることができます。

フレンチソムリエ資格は誰でも受験でき、通信講座に受講したり本を購入して独学で受験することも可能です。またスペシャル講座を受講しますと、フレンチソムリエと後述のフランス料理インストラクターを試験免除で取得することが可能になります。試験は2ヶ月に1回行われ、在宅で受験する運びとなります。6日間の受験期間に試験を解き、それを期日までに提出します。フレンチソムリエの資格は70%以上の正答率によって習得できます。また受験料が10000円と安いのが、この資格の魅力です。

2位 フランス料理インストラクター

フランス料理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)によって主催されているフレンチ資格です。フランス料理の歴史から郷土料理からお酒やワイン・チーズなどのフランス料理になじみ深い食材の知識まで、フランス料理に関する知識を幅広く習得することが可能です。さらには、入店・出店時のマナーや食事のマナーについても学習できます。

この資格を保持していますと、フランス料理インストラクターとしてカルチャースクールをはじめとしたさまざまな場所で講師をすることも可能です。

フランス料理インストラクターは誰でも受験でき、通信講座に受講したり、本を購入して独学で受験することも可能です。またスペシャル講座を受講しますと、フランス料理インストラクターと前述のフレンチソムリエを試験免除で取得することが可能になります。試験は2ヶ月に1回実施され、自宅で受験することになります。試験期間の6日間で試験問題を解き、解答を提出しなければなりません。受験料も1万円と低価格です。フレンチソムリエと同じく、正答率が70%以上で合格です。

3位 フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーは、ライフスタイルデザインラボが認定する資格試験です。アンチエイジング・便秘・ダイエットといった女性特有の悩みの解決のために、薬膳と効果的食材をテーマにフランス料理を作るという趣旨で行われる資格認定講座です。

国際薬膳調理師によるe-ラーニングとDVDによって、自宅で学習することができます。フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーの講座を一定の成績で修了することで、資格認定されます。講座受講料は41040円と若干高めの設定がなされています。

フランス料理を作って健康や美容に気をつけたいという初心者向けの資格であると言えるでしょう。
フレンチ資格講座  フレンチ資格講座