資格

フラワーアレンジメント花資格人気徹底比較!

フラワーアレンジメント

綺麗に咲き誇るお花を組み合わせて、その魅力をより引き出しているのが「フラワーアレンジメント」です。殺風景な場所や空間でも、お花が一つあるだけで見違えるような場所になる。お花の持つ力一つで、その空間や場面を豪華にすることも、魅力的にすることも、癒しの空間に変えることもできます。

特に女性に人気となっているフラワーアレンジメントですが、最近では専門的な知識を学んで、その知識を基に自分の生活空間を飾り立てたり、人にプレゼントをしたり、中には結婚式のブーケや花束の作成と言う形でフラワーアレンジメントの知識を仕事として活躍している人もいます。

お花1つで様々な印象を与えることが出来るフラワーアレンジメントの知識や技術は色々なところで求められているのです。フラワーアレンジメントについて学びたいと思ったら、スクールに通って先生から指導をしてもらう事も出来ます。しかし、お花に興味はあっても毎日の生活を送るだけで時間が無くなってしまったり、時間は余っていても家からなかなか離れることが出来なかったりと、忙しくしている人もたくさんいるのではないでしょうか。

そんな人にピッタリなのが「資格」を取得することになります。フラワーアレンジメントの資格があれば、自作のフラワーアレンジメントを作品として世の中に提供することや、カルチャースクールや自宅で講師として活躍することが可能です。折角お花に興味があり、仕事にしてみたいと思っていても、忙しくて諦めている皆さんに、是非資格に挑戦してみてほしいと思います。ここではそんな人にお勧めの資格をご紹介させていただきます。

人気:フラワーアレンジメントデザイナー

フラワーアレンジメントデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定している資格となります。フラワーアレンジメントに関する専門的な知識を有し、色々な場面(日常生活、プレゼント、イベント会場等)で適切なアレンジメントを行うことが出来る人に対して認定される資格となっています。この資格を取得した人は、インテリア業界で活躍をしている人や、空間プランナーとして活躍している人や、華に携わる仕事で活躍をしている人が多くなっています。

比較的挑戦しやすい資格であり、在宅での受験が可能です。試験は年に6回、2ヶ月に1回実施されており、自分のタイミングで資格に挑戦することが出来ます。費用は1回1万円です。受験資格は特に制定されていないため、気軽に挑戦することが出来る資格となっています。

2位:プリザーブドフラワーデザイナー

プリザーブドフラワーデザイナーは日本インストラクター技術協会が制定している資格です。アレンジだけではなく、花器の扱い方や、ガーランドの作り方などに熟達した人に贈られる資格となっています。特にこちらの資格は「インストラクター」として活躍することが求められる資格であり、より専門的な知識が求められる資格となっています。そのため、資格取得後は、趣味として楽しむことももちろんでいました、講師として活動することも可能です。

こちらの資格も気軽に挑戦することが出来る資格の1つであり、受験のための条件は特に定められていません。試験も在宅で可能であり、自分のタイミングの中で挑戦することが出来ます。費用は1回1万円です。

3位:フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士は国家資格の1つです。花に携わる仕事で生計を立てていきたいと考えている人が挑戦する資格であり、難易度はかなり高い物となります。資格取得後は、花屋さんを開業させたり、デザイナーとして活躍をしたりすることが出来ます。

国家資格であることから、資格に挑戦するためには実務経験が必要となります。資格は等級によって分かれており、最低でも半年以上花に携わった仕事に従事していることが求められます。あるいは、職業訓練を受けていることが受験のための条件となっています。試験は年に1回指定された会場で行われ、筆記試験と実技試験に合格しないと資格は付与されません。

4位:NFDフラワーデザイナー

NFDフラワーデザイナーは、日本フラワーデザイナー協会が制定している資格となります。花に親しむ基礎的な知識から、基礎を生かして自在にデザインする技術まで幅広く見に付けていることが求められる資格となっています。習得した知識を、毎日の生活に彩りを添えるために使用することから、同協会が実施しているカルチャースクールで講師として活躍することが出来ます。
この資格は、取得するためには同協会が認定しているスクールに通う必要があります。そこで一定の成績を修め、最低でも半年から1年間は学ばなければなりません。その後試験に挑戦し、合格すれば資格を取得することが出来ます。費用はスクールによって異なるためまちまちとなっています。最寄りのスクールに問い合わせてみると良いでしょう。

人から教えてもらえるため、確実に知識を身に着けることが出来る反面、資格取得までに費用や時間がかかることがデメリットです。時間やお金に余裕がないと資格の取得は難しいでしょう。

5位:プリザーブドフラワーアドバイザー

プリザーブドフラワーアドバイザーは、フラワーエデュケーションジャパンが認定している資格となります。こちらはフラワーアレンジメントの中でもプリザードフラワーに特化した資格となっています。特殊な加工をして花から水分を抜き、花の美しさを長く保つことに成功したブリザードフラワーですが、正しい扱い方をすることでその美しさを長く保つことが出来ます。そのための専門的知識を有していることが証明されている資格が、プリザーブドフラワーアドバイザーです。
資格を取得するためには、指定されたテキストを購入し、そのテキストに沿って学習を進めていく必要があります。その後試験に合格することで資格が授与されます。試験は在宅受検となっており、資格を取得した後はカルチャースクールや自宅で講師として活躍することが出来ます。費用は、テキストが1万円、試験料は3千円です。
フラワーアレンジ  フラワーアレンジ