資格

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験口コミ評判

フラワーアレンジメント

はじめに 一体どんな資格?

フラワーアレンジメントに対する十分な知識を持ち、イベントや式典、日常のインテリア、または服飾など、多様なシーンに応用したアレンジを取得したとされる人へ認定される資格です。
資格を取得してからは、各種飾花業種はもちろん、他にインテリア業界などを目指す方に人気があります。

仕事をする上で役に立つの?

結婚式場やおめでたい式には必ずと言っていいほど大きい花が置いてありますよね。
アレらは実は、フラワーアレンジメントデザイナーさんたちの仕業なのです。

就職場所としてはフラワーショップや式典施設、また各種イベント会社など、花を扱った仕事であればどこにでも役立てる。そんな有能な資格なのです。
その他に副業として、個人からギフトの依頼を受けて小さいものを作っていくというサイドビジネスなど、様々な可能性を秘めているスキルです。

受験場所や試験の申込方法

フラワーアレンジメントデザイナー認定試験は「日本デザインプランナー協会」という団体が主催しています。

日本デザインプランナー協会のホームページがあり、そこからの申し込みのため、全国どこからでも受験することが出来ます。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なので落ち着いて取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

参考までに、平成26年度のフラワーアレンジメントデザイナー認定試験の結果は・・・
受験者数:4298人の合格者1384人で合格率が32.2%でした。
結果だけ見るとなかなか試験は難しいようですが、しっかり学び、正しい知識を蓄えればきっと良い結果がでるでしょう。

正しい勉強法で学べる通信講座

「諒設計アーキテクトラーニング」という通信講座をご存知でしょうか。
ここにはフラワーアレンジメント資格講座があり、フラワーアレンジメントデザイナーともう一つ、プリザーブドフラワーデザイナーという資格の勉強ができます。

勉強内容の一部を紹介します。
・フラワーアレンジの基礎(用具の使い方など)
・アレンジのテクニック(花材の扱い方など)
・アレンジの実践  などを学べます。

独学で試験に挑むのが心配な方は、一度目を通してみてはいかがでしょう。

認定試験合格者の口コミ

「フラワーアレンジ関係に就職したかったわけではないのですが、花を育てたり観察するのが好きで、趣味として勉強したいと思いました。そこで色々な教科書を買ったり通信講座を受けたりしましたが、やはり質疑応答ができる通信講座はとても分かりやすかったです。おかげで無事合格できました。趣味と仕事は一緒にしないと思いましたが、勉強してるうちにこんな仕事ができたら幸せだと思えてきて、将来の視野も広がりました」
このように趣味から仕事へ活かせるほどスキルアップしたと、好印象な口コミもあります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでもフラワーアレンジメントデザイナーについて興味を持っていただければ幸いです。
フラワーアレンジ  フラワーアレンジ