資格

ハウスクリーニング掃除資格人気徹底比較!

掃除

ハウスクリーニングは今、日本社会で最も需要が高まっている領域の1つと言っても過言ではありません。日本社会の大きな特徴に高齢化社会が挙げられます。高齢者の割合が人口の25%以上を占めると言われている現代社会は、自立した生活を送っている高齢者も多く、高齢者の皆さんは自分で身の回りのことを行わなければなりません。しかし、年齢を重ねることで体が思うように動かなくなったり、体力の低下により長い時間動き回ることが出来なくなる等、自分で自分の身の回りのことを完ぺきにこなすことはとても大きな負担となります。特に、体を大きく動かすことが求められる「掃除」は、負担が大きい作業の1つです。

また、現在社会は働く女性の数が確実に増加しています。パートタイマーを含めると、女性人口の60%以上の人が何らかの仕事に従事していると言われていますが、そのために家事労働に割くことが出来る時間が限られているのが現状です。そのような女性は、仕事で疲れた体や心を癒すために、休日は趣味のため・自分のために時間やお金を使いたいと思う人が増えています。少ない時間を有効活用するためにも、掃除を代行してくれるサービスの利用が年々増えてきています。

このように、ハウスクリーニングは社会の変化と共にそのニーズが高まり、市場規模もとても大きなものになっています。掃除に慣れていない働く世代や高齢者の皆さんは、自分では十分に掃除をやりきることが出来ません。そのため、短時間で完璧に掃除をしてくれるハウスキーパーの需要がとても大きくなっているのです。

ハウスクリーニングは女性が日常生活で行っていることの1つです。その親しんでいる作業に専門的な知識や技術を少しだけプラスして、仕事として生かすことが出来ます。そのためにはまず、資格を取得し、プロとして活躍することが重要になります。今回の記事では、仕事として生かすことが出来るハウスクリーニングの資格を徹底比較形式でご紹介させていただきます。

人気:ハウスクリーニングアドバイザー

ハウスクリーニングアドバイザーは日本生活環境支援協会が制定している資格となります。プロとしてのハウスクリーニングに関する知識や視点を持って、正しい道具の使用方法を理解し、場所や床材別に適切な掃除を行うことが出来る力を持っていることが証明される資格です。また、アドバイザーとして的確に掃除の方法をアドバイス出来る力も求められます。資格を取得した後は、自宅やカルチャースクールで講師として活躍することが可能です。

試験は年に6回開催されており、在宅での受験が可能です。受験資格は特に定められておらず、誰でも挑戦することが出来ます。費用は1回1万円となっています。良心的な受検費用と、誰でも挑戦することが出来る手軽さがお勧めのポイントです。

2位:クリーニングインストラクター

クリーニングインストラクターは日本インストラクター技術協会が制定している資格となります。こちらの資格は、自分のハウスクリーニングの技術をあげるだけではなく、その技術を人に伝えていくインストラクターとして活躍することが求められる資格となります。
浴室やトイレ、排水溝等場所によって異なる掃除の方法をどれくらい熟知しているのか、正しい掃除道具の知識があるのかが問われるこの資格ですが、住む人の環境を整えるだけではなく、訪れる人を気持ちよく迎え入れる環境づくりを大切にしています。そのため、住居だけではなく病院等の公共施設、事務所などの職場の清掃方法の専門的な知識や技術まで幅広く網羅していることが求められます。

こちらの資格も挑戦しやすい形になっており、受検条件は特に定められていません。誰でも挑戦することが出来ます。試験は年に6回実施されており、在宅での受験が可能です。費用も1万円と低価格の設定となっています。

3位:ハウスクリーニング士

ハウスクリーニング士の資格は、JHAビジネススクールが制定している資格です。ハウスクリーナーとして独立・開業するための資格であり、ハウスクリーニングで生計を立てたいと考えている人にはお勧めの資格です。3日間の研修を受けて、掃除の方法や実際に開業した時の営業方法等、一から開業のためのノウハウを教えてもらうことが出来ます。そして研修を修了することでハウスクリーニング士の資格が授与される仕組みとなっています。

こちらの資格は、ハウスクリーニングを本業にしようと考えている人のための資格です。本気で開業を考えている人であれば、未経験者でも1から学ぶことが出来ます。費用はコースによって分かれていますが、開業コースの場合は15万円必要になります。

4位:掃除検定

掃除検定とは、日本掃除能力検定協会が制定している資格となっています。洗剤の選び方、掃除道具の性能の理解、掃除の正しい手順など掃除に関する基本的な知識や技術から、日常生活で使える掃除の技術、仕事としての専門的な知識や技術を習得していることが幅広く問われます。資格には等級が分かれており、自分の趣味として掃除の知識を身に着けたい人から、ハウスキーパーとして起業したい人まで、目的に合わせて資格に挑戦することが出来ます。

資格試験は年に数回東京で実施されています。費用は1回7560円で、出題範囲について勉強したい人は協会から発刊されているテキストを購入することがお勧めになります。

5位:ハウスクリーニング技能士

ハウスクリーニング技能士は全国ハウスクリーニング協会が制定している資格です。インテリアのクリーニングに長年取り組んできた同協会は、益社団法人として認定されている信頼ある協会となっています。

実技に重きを置いた資格となっており、実際の試験ではレンジフードの洗浄からダイニングチェアの汚れ落としなど、日常生活で私たちが汚しやすい場所を実際に清掃する知識や技術が求められています。ハウスクリーニングを仕事として、現場で活躍する人材を育てることを目標とされたこの資格は、ハウスクリーニングで生計を立てたいと考えている人にはお勧めの資格となっています。

試験は実技と学科試験が行われており、全国4か所に試験会場が設置されています。実技試験は約3万円、学科試験は約9千円の費用が必要になります。
ハウスクリーニング  ハウスクリーニング