資格

トレーニングサポーター認定試験口コミ評判

筋トレ

昨今では健康づくりの一環として、筋トレやダイエットなどがブームとなっています。

実際に趣味でジョギングや筋トレなどを行っている方も多いのではないでしょうか。

トレーニングに取り組んでいる人たちはより効率的に、ムダなく筋トレやダイエットを行いたいと思っている方がほとんどだと思います。

トレーニング方法自体に知識が必要なのはもちろんですが、トレーニングには食事や前後の行動といった部分もトレーニング効果に影響を及ぼします。

しかし、効率的なトレーニングを行いたくとも必要な知識をどこから学べばいいかよくわからないといったことはないでしょうか?

そういった方々のために、日本生活環境支援協会から提供されている「トレーニングサポーター」という資格をご紹介いたします。

医療系の資格を取得するよりも、非常に手軽に取得することができ、なおかつトレーニングに関する必要知識が全般的に身に付きます。

1、トレーニングサポーターとは?

トレーニングサポーターとして、それぞれの筋力トレーニングの基礎知識があることを認定されます。

トレーニングの道具の使い方、トレーニングに適した食品やトレーニング前後の食事、プロテインの選び方、トレーニングに適したストレッチについてその方法と食事についての知識があることの証明になります。

トレーニングにはベストなタイミングや前後の食事などがあります。

トレーニング自体もそうですが、「よりトレーニングを効率的にするためのトレーニング以外のこと」も習得できます。

2、資格取得後は?

資格取得後は、トレーニングサポーターとしてジムなどで活躍できることでしょう。

ジムには多くの顧客がいますので、非常に需要の高い分野の資格であるといえます。

また、トレーニングに関する知識をレクチャーする活動を行ってもよいでしょう。

合格者には合格認定証、認定カードを有料(各5,500円)にて発行しております。

3、日本生活環境支援協会とは?

こちらの資格は日本生活環境支援協会という協会が主催している資格となりますが、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

各スキルを有する技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら技術の向上に資すること、また、各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて各スキルの技術者の社会的地位の確立を図ることを目的としています。

また、こちらの協会では、私たちが身近に感じることができ、なおかつ生活にとても役に立つ資格が多く用意されています。是非ホームページをチェックしてみるといいでしょう。

4、受験方法や受験料などは?

受験料:1万円

受験資格:特になし

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

試験日程:2月、4月、6月、8月、10月、12月の2ヶ月に1回

5、口コミ評判

こちらの資格を取得した人たちの声を数件ピックアップしました。

・「医療系の国家資格よりも手軽に受験でき、なおかつ取得も用意である。」

・「ジムなどで働くためのステップアップとなる資格。」

・「自身の筋トレにとても役に立つ資格である。」

といった声が挙げられています。

6、まとめ

トレーニングサポーターの資格は、最近できたばかりの資格です。スポーツトレーナーなどの職業もとても人気ですが、筋トレなどが専門のトレーニングサポーターという職もこれからの時代に必要となりそうです。

トレーニングサポーターの資格が気になった方は、日本生活環境支援協会のHP(https://www.nihonsupport.org/shiken/trainingsupporter/)にアクセスしチェックしてみましょう。

類似した資格として、日本インストラクター技術協会(https://www.jpinstructor.org/insuto/)から筋トレインストラクターという資格も提供されています。

こちらの資格と同時に取得してみるのもいいでしょう。
筋トレ資格  筋トレ資格