資格

チョコレート資格人気徹底比較

チョコレート

チョコレートが好きという人は、年齢問わず沢山いらっしゃいます。シンプルな板チョコから凝ったデザートまで、チョコレートを使った菓子は、一年中私たちを楽しませてくれています。最近では、チョコレートに含まれる栄養成分も注目されており、カカオポリフェノールに含まれる抗酸化作用やダイエット効果などが特に注目を集めています。
そんな身近なスイーツであるチョコレートに関する認定資格があることをご存知でしょうか?
チョコレートの歴史から原材料、製造法など、幅広い知識を問われる認定資格。製菓業界を目指す方から趣味として知識を深めたい方まで、チョコレートに関するおすすめの認定資格をご紹介します。

 

チョコレートマイスター

チョコレートマイスターは、日本安全食料料理協会が主催している民間資格です。チョコレートマイスターと呼ぶにふさわしい知識があることを認定してくれる資格です。
受験資格は特になく、インターネット申し込みからの在宅受験なので、チョコレート好きな方や、食品業界、特に製菓に関する職業に就きたいと考えている方にはぜひおすすめしたい資格です。
認定試験の内容は、チョコレートの期限や日本への伝来などの歴史、チョコレートの種類、原料に関する知識、ポリフェノール、ビタミン、ミネラルなどチョコレートに含まれる栄養成分と効能(ポリフェノールの抗酸化作用、カカオポリフェノールによる肥満や生活習慣病の予防など)チョコレートケーキ、トリュフ、ガトーショコラなど、チョコレートを使った代表的な菓子のレシピなどが出題されます。

 

ショコラティエ

ショコラティエは、日本インストラクター技術協会が認定する民間資格です。
こちらも受験資格は特になく、インターネット申し込み、在宅受験が可能です。
認定試験の出題傾向としては、チョコレート産業の発展や原材料についての知識、チョコレートの種類と製造法による分類、チョコレートの保存方法、ショコラスイーツとチョコレートのテイスティングなど、チョコレートに関する広い知識が問われます。
原材料についてでは、「カカオ豆の発芽から収穫まで」や、製造方法については「モールド製法」「やシェルチョコレート製法」など、一般の方にはあまり馴染みのない、専門的な知識も必要となります。
すでに製菓業界で働いている方はもちろん、ショコラティエとして、カルチャースクールなどで講師活動を希望している方におすすめの資格です。

 

チョコレートスペシャリスト

テレビCMなどでもおなじみの製菓会社、株式会社 明治のチョコレート検定委員会が主催する、チョコレートに関する民間資格『チョコレート検定』。この『チョコレート検定』の初級がチョコレートスペシャリストです。2016年に開始されたばかりの比較的新しい資格です。
札幌・東京・名古屋・大阪・広島・福岡の6地域で開催される検定試験に合格することで取得できる資格です。
受験資格などはなく、チョコレート好きな方なら誰でも受験することができ、試験時間60分、マークシート形式の問題が100問出題されます。
試験内容はそれほど難しいものではありませんが、受験される方は『チョコレート検定公式テキスト』に一度は目を通しておくことをおすすめします。
試験に合格すると、明治が発行する認定証が交付されます。ちなみに2017年度試験のスペシャリストの合格率は95.6%でした。
また、上位5名には1年分のチョコレートが贈られるなど、大変ユニークな資格です。

 

チョコレートソムリエ

チョコレートソムリエは、日本チョコレートソムリエ協会が主催する民間資格です。
指定の認定講座を受講し、試験に合格することで取得できる資格です。
認定講座も受験もインターネットを使ったオンラインで行われるので、忙しい方でも自分のペースで学習を進めることができます。認定講座はスマートフォンにも対応しているので、ちょっとした空き時間も有効活用できます。
チョコレートソムリエの認定講座の特徴として最もユニークなのが、テイスティング用のチョコレートが教材に含まれていることです。文章や画像だけでは伝わりにくい香りや味を、実際に自分の舌で確認することで、より理解が深まります。
合格後は製菓業界への就職の際、履歴書に書ける、自宅でチョコレートソムリエの資格取得のためのサロンを開くなどが可能です。

 

チョコレートエキスパート

チョコレートエキスパートも、株式会社明治が主催するチョコレート検定に合格すると取得できる民間の資格です。試験の出題範囲は同じですが、チョコレートスペシャリストは初級で、エキスパートは中上級に当たります。チョコレートスペシャリストより高い知識が要求されます。
こちらも合格すると認定証が交付され、上位5名には1年分のチョコレートが贈られます。
2017年度のエキスパートの合格率は56.2%で、やはりチョコレートスペシャリストより格上の資格であることがうかがわれます。
同じテキストで同じ範囲の問題が出題されますが、テキストの内容のより深い理解が必要となるようです。

チョコレート資格取得通信教育講座  チョコレート資格取得通信教育講座