資格

ソムリエインストラクター認定試験口コミ評判

ワイン

ソムリエインストラクターって何する人?

ワインを楽しむことを生活の中に取り入れ、生活をより充実させたいと思っている方を対象とし、外食・パーティなどで適切なワインのチョイスが出来ます。
ワインには様々な品種、原産地、製造などによって、種類は無限にもあります。 そのような奥深いワインを料理に合わせお客に提供するのがソムリエインストラクターです。
そのためソムリエインストラクターの資格は、ワインに対する一定以上の知識を持つ人へ認定されます。

具体的に何が出来るようになる?

ワインの基礎的な知識から深いところまで熟知していることが前提ですから、取得後は外で講師として活動出来たり、自宅の一室で教室を開くなどの副業・開業が可能です。
もちろん本業をワイン関係の仕事にキャリアアップすることも。その場合には資格保有者は即戦力として採用してくれるでしょう。
ワインに限らずお酒というものを生活に取り入れている方も多いと思います。一人でより楽しむことも、友人たちへのおすすめや会社の飲み会なのでもその実力を発揮できます。

この試験では、幅広い知識と識別能力が要求されます。その他にも、仕入れ、保管、管理など開業したい方向けの内容となっています。
また、お客の相談に対してアドバイスをするソムリエには、料理に関する知識はもちろんのこと、お客とのコミュニケーション能力も大事になってきますので、今の生活よりも、さらにライフスタイルを向上させたい方にもおすすめです。

受験場所や試験の申込方法

ソムリエインストラクター認定試験はは「日本インストラクター技術協会」という団体が主宰しています。
協会のホームページがあり、そこからの申し込みのため、全国どこからでも受験することが出来ます。
受験場所はもちろん自宅。試験期間は5日間なので自宅でリラックスして取り組めます。答案を提出して、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもいい時期に受験できるはずです。

経験がないと試験突破は厳しい?

似たような名前の資格で「ワインコンシェルジュ」というものがあります。
そちらの試験はどちらかというと開業云々よりもワインそのものについて詳しく学んでいくというものなのですが、ソムリエインストラクターになると、ワインの知識に含めてマーケティングの分野、独立するための内容も含まれてきますので比較的に難易度が上がります。
今も店を経営してもっと知識を深めたい!という方ならば独学で試験に臨んでも問題ないかもしれませんが、全くの未経験・初心者がいきなりこの試験に挑むのはなかなか難しいものがあります。

それでもこれから勉強して開業したい!というかたは、まず通信講座など考慮してみてはいかがでしょうか。例を出すと・・・
「SARAスクールジャパン」という通信講座がありますが、その中の講座の一つにソムリエインストラクターが取得できるものがあります。
そして、卒業課題を提出すると同時に認定試験免除で100%二つの資格が取得できる「プラチナコース」という物も存在します。
取得できる資格は、もちろんソムリエインストラクターともう一つ、「ワインコンシェルジュ」を取得することができます。

自宅で勉強するなら通信講座は一番効率が良いともいわれるほど便利なものです。
もし本格的に学びたいのでしたら、通信講座も視野に入れて考えてみてください。

ちなみにSARAスクールは「全女性のための」がうりですが、もちろん男性でも受講できるのでご安心ください。
ソムリエ  ソムリエ