資格

クリーニングインストラクター認定試験口コミ評判

掃除

はじめに どんな資格?

クリーニングインストラクターとは、掃除に関する幅広い知識を持ち、それを生かして掃除を行う技術のある人へ与えられる資格です。
その内容は、水垢やフローリングの掃除の仕方など様々な知識を活用させ、自宅の隅々をよりきれいにすることで美しい住まい環境になることを目的としています。
資格を取得することで得られる知識の一部は、カビ、水垢が気になる水周りや、汚れが落ちにくくなったレンジのまわりなど普段から気になっている汚れも今まで知らないプロの知識で落とすことができるでしょう。

就職関係では、講師活動やハウスクリーニングなどの業種で大活躍できるでしょう。

認定試験の受験方法

試験は「日本インストラクター技術協会」という団体が開催しています。
この協会は指導する力を中心とした技術の各スキルがある一定以上あることを証明してくれるもので、他に「エクステリア心理士」や「ホロスコープ鑑定士」などの認定試験も開催しています。

受験はホームページからの申し込みのため、全国どこからでも受験することができます。
試験会場も自宅のため落ち着いて取り組むことができます。5日間の試験期間を終えたら答案を提出、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
試験は二ヶ月間隔で実施されているため、いつ勉強を始めてもちょうどいい時期に受験できるはずです。

もし独学じゃ不安というかたは、通信講座を利用してみるのも良いでしょう。
最近インターネットや雑誌で話題になっている「諒設計アーキテクトラーニング」スクールでは、ハウスクリーニングW資格講座というものがあります。
そこではクリーニングインストラクターと日本生活環境支援協会主催の「ハウスクリーニングアドバイザー」の試験対策も同時にできます。
コースによってはこの二つの試験を卒業課題を提出すると同時に試験免除で100%取得できるというありがたいコースもありますので、確実に資格を取りたいと思われる方は一度通信講座も検討してみてはいかがでしょう。

周りで掃除の得意な人がいなくて・・・

この資格に関して、このような口コミも寄せられています。

「前の話ですが、私はホテルの清掃員として働いていました。部屋のお掃除をしている中で、どうしても取れない汚れやカビがあることが多々あり、その時はいつも数人で集まって時間をかけて落としていました。
この仕事は効率が命なのでこれではいけないと思い通信講座で勉強を始めることにしました。一応私はリーダーのような立ち位置でしたので、自分で考えたはいいけど最初は渋々でした。
しかし講座で勉強したものはすぐ使える知識ばかりで、そのうち勉強することが楽しくなるという不思議な感覚になりました。結果的に試験にも合格でき資格取得できたので、他の同僚に人に指導して、もっと上のホテルに転職しようかとも考えています」

資格一つ取るために学ぶ知識がこれからずっと役に立ち人生を変えるかもしれないということがわかります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、少しでもクリーニングインストラクターに興味を持っていただければ幸いです。
ハウスクリーニング  ハウスクリーニング