資格

ハンドメイドマイスター認定試験口コミ評判

クラフト

はじめに ハンドメイドマイスターとは?

装飾用糸の扱い方、布の染め方など、各種クラフトの知識やある程度の創作スキルを所持している人に認定される資格です。
趣味や副業に使える資格として女性男性どちらからも支持されています。

元々は「クラフトマイスター」という名称でしたが、その資格が「ハンドメイドマイスター」と変更されました。試験の合格基準などに変更はありません。

資格を取得することによるメリット

ハンドメイドの作品は昔から今も慕われて人気なので、展示や販売をする人は今後も増えていくでしょう。

また、同じ趣味との方々とのコミュニティを広げることができます。ステップアップに伴い技術的な知識を活用した作品を作ることも可能です。
資格取得後は、今までに加え学んだことを応用した作品をつくることができ、フリーで活動したり空いた時間で教室を開くなど多数の可能性も秘めている資格です。

趣味のために資格を取ることは決して無駄ではありません。

独学以外の勉強方法

通信講座「諒設計アーキテクトラーニング」ではハンドメイドマイスターW資格講座というものがあります。
この講座は、初心者でも簡単に、実用的なモノを作ることを一番の目的としている講座ですのでハンドメイドに興味を持っているけど何から始めれば良いのか分からないという方にオススメです。
初心者でも気軽に始められるのが嬉しいですね。

この団体では、二つの資格が100%取れるという内容のスペシャル講座があります。
一つはこの記事の主役であるハンドメイドマイスター。もう一つは日本生活環境支援協会主宰の「手芸アドバイザー」という資格です。

もし確実に資格を取りたい!と思われるのでしたら、しっかり勉強できる通信講座を視野に入れるもの手です。

どこで受験できるのか

ハンドメイドマイスター認定試験が受験できる場所は「日本デザインプランナー協会」という団体です。

受講料は消費税込みで10,000円。70%の評価で合格となります。
日本デザインプランナー協会のHPから全国どこからでも申込、受験することが出来ます。試験期間は5日間なので自宅で緊張せずに取り組めます。

期日までに解答用紙を提出し、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。
試験は二ヶ月に一回開催されているので、いつ勉強を始めても試験期間には困らないはずです。

参考までに、に平成26年のハンドメイドマイスター認定試験では・・・
受験者数:3576人で合格者:1608人の合格率44.9%という結果でした。見ると少し厳しい結果ですが、学びかたを間違えなければ道は見えるでしょう。

ハンドメイドマイスターに関する口コミ

この試験を受験された方の中で、こんな口コミがありました。
「周りにクラフト制作をしている友人・知人がいませんでしたが、自分が資格を取って自信を持って教えられるようになったら、興味を持ってくれる人やちょっとやってみようと思ってくれる友人が増えました。皆で作る喜びを共有出来て本当にうれしいです」

資格を取ることで知識も深まり同じ趣味を持った友人も出来たということですね。
これを機に講師活動などチャレンジするのも良いと思います。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
この記事を読んでいただいて、クラフトハンドメイドの資格について少しでも興味を持っていただければ幸いです。
ハンドメイド  ハンドメイド