資格

ガーデニング・園芸資格人気徹底比較!

ガーデニング

ガーデニングや園芸など、植物や土と向き合い、触れ合う作業には様々な効果があります。植物や野菜とのふれあいを通して心の健康を改善させたり、体を動かすことで体の健康を改善させるなど、私たちの心身の健康と関連が深いガーデニングや園芸。元々は海外で第二次世界大戦後の後遺症を改善することを目的として導入されたものですが、心身の健康に大きく寄与していることが実証されてきました。そして、ストレス社会と言われている現在の日本でも、手軽に始めることが出来るガーデニングや園芸が注目されています。

家庭で楽しむだけではなく、老人関連施設や身体障害者施設、精神障害者施設や特別支援学級など、様々な場所で取り入れられており、誰でも気軽に挑戦することが出来ます。家庭でも趣味と実益を兼ねたものとして広く浸透しているガーデニングや園芸ですが、生き物を相手としているため、ちょっとしたコツや専門的な知識が必要となってきます。

自分が育てている植物や野菜が元気に成長する姿を見るのは嬉しいものです。そのためには、その植物に合った土や時期、育て方などを熟知することが必要になります。そして、それらの知識は追求すれば周りのガーデニングや園芸に興味を持ち始めている人に伝え、より多くの人がガーデニングや園芸に親しむきっかけを作ることにもつながっていきます。

ガーデニングや園芸を自分の楽しみにしたり、周りの人に広めていきたいと考えている人には、正しい知識や技術を取得することが大切になります。しかし、それらの知識や技術は形のない物。本当に自分が正しい知識を習得しているのかどうか心配になりますよね。そんなあなたにお勧めなのが「資格」になります。ここではそんなあなたにお勧めできる資格を徹底比較形式でお伝えしていきます。

人気:ガーデニングアドバイザー

ガーデニングアドバイザーは、日本生活環境支援協会が制定している資格となります。基本的なガーデニングの知識を有していることや、花木の種類を熟知していることや、プランターの管理に関する知識を有していることが求められる資格です。資格を取得することで、自宅やカルチャースクールで講師として活躍することもできます。そのため、ガーデニングや園芸を仕事にしたいと考えている人にはお勧めの資格となります。

受験資格も特に定められておらず、在宅での受験が可能です。費用は1回の受験につき1万円です。誰でも気軽に挑戦することが出来るので、勉強を始めたばかりの人でも気軽に挑戦してみてほしい資格の1つです。

2位:園芸インストラクター

園芸インストラクターは、日本インストラクター技術協会が制定している資格となります。この資格は「インストラクター」として活躍することが前提とされている資格となっているので、より高い専門性を有していることが求められる資格となっています。ガーデニングの図面を構成する知識やガーデニングの設計方法、実際の庭の作り方などより実践的な内容に関して熟知していることを求められます。ガーデニングや園芸に関する仕事に従事したいと真剣に考えている人にはお勧めの資格です。

こちらの資格も挑戦しやすい資格であり、在宅での受験が可能です。受験費用は1回1万円で、受験のための資格もありません。誰でも挑戦することができる資格です。資格取得後は、カルチャースクールなどでガーデニングに関する専門家として講師活動に従事することが可能です。

3位:ガーデンコーディネーター

ガーデンコーディネーターは、日本園芸協会が認定している資格となります。本格的なガーデニングや園芸についての知識を取得することが出来る資格となっています。植物や野菜の育て方だけではなく、庭の構成方法や効果的な植物の選定方法など、庭と言う空間をトータルでコーディネートする力を有していることが求められる資格です。

こちらの資格は日本園芸協会が実施している講座を受講することが必要になります。テキストやDVDで学習したのち、添削課題をクリアすることで資格が授与されます。試験を受けなくても資格を取ることが出来ることはポイントになりますが、費用は62000円と上位2つの資格と比較すると高額になっています。また、資格を取得するために標準で8か月を必要としています。

4位:園芸装飾技能士

園芸装飾技能士は、中央職業能力開発協会が制定している資格となります。ガーデニングや園芸に関する国家資格の1つで、難易度が高い資格です。観葉植物を使用して様々な場所を装飾する技能を求められる資格であり、植物を正しく維持する方法や、装飾の方法、色の配置やバランスなどセンスが問われる資格になっています。

園芸に関する仕事をする上ではかなり力の強い資格となりますが、受験資格として「生花店での実務経験」が必要とされています。費用は、学科試験が3100円、実技試験が16500円です。

5位:グリーンアドバイザー

グリーンアドバイザーは、日本家庭園芸普及協会が制定している資格です。園芸に関する正しい知識や、園芸の魅力を広く伝えることを目的として制定された資格であり、家庭で園芸を楽しむ人から、園芸を仕事とする人まで様々な人が対象とされています。資格を取得した後は、園芸相談員や植物の市場、セミナーの講師など幅広い領域で専門家として活躍することができます。

同協会が制定している2日間の講座を受けて試験に合格することで資格が付与されます。受験資格としては、1年以上園芸業務に携わったことがある人や、園芸に関する学校を卒業した人など、ある程度の基礎が出来上がっている人が対象とされています。費用は、受講料と受験料を併せて37,000円です。試験は8月~9月にかけて、東京や大阪の会場で実施されます。
ガーデニング  ガーデニング