資格

ガーデニングアドバイザー認定試験口コミ評判

ガーデニング

家庭菜園の基礎を知り尽くす!

ガーデニングアドバイザーとは、基本的なガーデンデザインの知識・技術・技能を有していることを認定します。
その内容はガーデニングの基礎知識から花木の種類、植栽プランやガーデンの設計・施工、管理の方法などについて出題されます。
昔から多くの人々に親しまれているガーデニング。その文化はまだまだ衰えることを知りません。趣味や私生活ではもちろん、植物に関する業界で役立つ資格です。

認定試験は「日本生活環境支援協会」が主催

この団体は、生活における技術が一定以上あるということを証明・認定する協会です。
ほかに、「ロジカルシンキングマスター」や「羊毛フェルトアドバイザー」といった15種類の認定試験を開催しています。

受験料は消費税込みで一律10,000円。
ホームページから申し込めるため、全国どこからでも受験することが出来ます。
もちろん受験場所は自宅です。期日までに解答用紙を提出し、合否が送られてくるのはおよそ1ヶ月後になります。

試験は二ヶ月間隔で実施されているため、無理なく受験することができます。

試験を受けた方の口コミ

合格者の方からはこのような口コミが寄せられています。

「ガーデニングは趣味でしたが、ただ余った土地に花や木を植えているだけの状態でした。一応元気に咲いていたのですが、たまに原因がわからないまま一気に枯れてしまう事も。
ほとんど無知の状態でしたからこの機会に勉強しようと思いました。通信講座を受けたのですが、もともと植物が好きだったのであまり苦ではありませんでした。
試験も受けて合格できたので、これからは季節によって植えるものを変えたり、肥料にも気を遣おうと思います」

この方は北海道在住だそうで、寒暖の差が厳しい土地でも影響なく育てられるのでしょうか。その知識は資格保有者でないとわかりませんね。

もしご家庭に小さくても庭があるのなら

ガーデニングは身近にあるもので、フラワーセラピーというものも存在する通り人々に癒しを与えてくれるものです。
難しそうだし手入れも面倒だから敬遠、というのはあまりにも勿体ない!せっかく空いたスペースがあるのならば、二つの意味で何かしら華が欲しいものです。

ただ見た目が綺麗なだけでなく、花や植物には心理的な効果もあります。
例えば、赤い花は気分の落ち込みを抑えてくれたり、自然に触れることで精神の安定を保てます。バラやラベンダーなどの良い香りのする植物を植えるのもいいですね。
人の五感に作用することで、感性がより豊かになります。

大げさかもしれませんが、何かを「育てる」という行為が人間にとって大事な感情に繋がるのです。

それに、トマトやキュウリなどでしたらほぼ植えっぱなしで実まで生るので最初にやってみるなら良いものかもしれません。
自分のレベルにあった物を育てることが大切です。

あまり重要ではありませんが、何故田舎の家ではほとんどの家庭が花や植物を育てているのでしょう。とてもいいことだとは思いますが長年の疑問です。

さいごに

いかがでしたでしょうか。植物や人にとって重要でなくてはならないものなのですね。
この記事を読んでいただいて、少しでもガーデニングアドバイザーに興味を持っていただければ幸いです。
ガーデニング  ガーデニング