資格

カクテルソムリエ口コミ評判

カクテル

最近ではワインソムリエやカクテルソムリエ、ノンアールソムリエといったさまざまな種類の飲料に関する利き酒の資格が登場しています。

日本ではソムリエの仕事はまだまだ発展途上な部分もあるため、仕事の競争率は低いとも感じます。

特にカクテルソムリエのように近年になって出てきた資格に関しては、今のうちに資格を取得しておくことが、一番の得策であるといえます。

カクテルソムリエは、近年おしゃれなBARが次々登場していることも手伝って、非常に重要度の高い資格となっています。

飲料店関係者がこの資格を取得すればお店のステータスアップは間違いありません。カクテルの知識に精通した人が提供することによって、お客さんの立場から見てもおいしい、と素直に受け入れることができると思います。

今回は日本安全食料料理協会から提供されているカクテルソムリエという資格をご紹介いたします。

こちらの資格の詳細については以下の通りです。

1、カクテルソムリエとは?

カクテルソムリエとは、カクテルに関する様々な知識を有していることを証明する資格です。ロングドリンクやショートドリンク、フローズンカクテルやホットカクテルなどのカクテルの種類、レシピ、ベースとなるリキュールの種類や選び方、温度管理の方法ステアやビルドやシェイクの方法と使い分け、アイスピックやディッシュクロスの使い方、カクテルに合わせたグラスの選び方、フルーツカットの技法やベースごとのカクテルの知識など、カクテルに関するあらゆる知識を幅広く有していることを証明することができます。

2、資格取得後は?

カクテルソムリエとして、自身の趣味に活用して、おいしいカクテルを楽しむのはもちろんですが、BARなどに勤務する飲食店関係者、独立して開業したい方などにとてもオススメの資格となっています。

合格者には合格認定証、認定カードを有料(各5,500円)にて発行しております。

3、日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品・料理の技術の理解や食育を通しての各スキルの水準がある一定以上であることを確認し認定するものです。 各スキルを有する食育者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら食習慣の向上に資すること、また、各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、これを通じて各スキルの食育の社会的地位の確立を図ることを目的としています。 また、各スキルを利用する企業、現場において要求される基本的なスキルや知識を十分理解した上で、用途や目的に応じて、食文化の有効活用を行うことができる人材の育成を目的としています。

また、こちらの協会では、広く浅い知識というよりも、一つの食品にこだわったプロフェッショナルを生み出しています。例えば、コーヒーソムリエやカフェオーナー経営士といったように、一つの分野でもニーズ別に資格を区別しています。こういった点でも、他の資格との差別化を図れていると思います。

4、受験方法や受験料などは?

受験料:1万円

受験資格:特になし

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

試験日程:2月、4月、6月、8月、10月、12月の2ヶ月に1回

5、口コミ評判

こちらの資格を取得した人たちの声を数件ピックアップしました。

・「カクテルのソムリエ資格はあまり持っている人が少ないため、資格取得による飲食店勤務への優位性は大きい。」

・「BARを開業する夢があるため取得した。」

・「今後カクテルバーテンダーも取得したい。」

といった声が挙げられています。

6、まとめ

カクテルを楽しむための一番の資格といえます。

カクテルの作り方も学びたい、という方は日本インストラクター技術協会のカクテルバーテンダー資格と同時に取得してもいいと思います。

カクテルソムリエの資格が気になった方は、日本安全食料料理協会のHP(https://www.asc-jp.com/test/cocktail/)にアクセスしチェックしてみましょう。
カクテル資格  カクテル資格