資格

エスニック料理資格人気徹底比較

エスニック料理

エスニック料理とは、本来は民族(ethnic)料理を意味します。しかし一般には、タイ・ベトナム・インドネシアなどの東南アジアや、アフリカ、さらにはブラジルなどの中南米の料理に対して用いられることが多いです。スパイスや野菜を使った料理が多く、健康や美容に効果的だということで、1980年代中頃からエスニック料理は注目されるようになりました。このようなエスニック料理についての基礎知識はもちろんのこと、エスニック料理が作られる地域の気候や風土、さらには調理法といった実践的な知識を習得していることを証明するのがエスニック料理資格です。

エスニック料理資格は国家資格ではなく、さまざまな民間団体によって主催される民間資格です。これらの資格を保持しているとエスニック料理を自分や家族のために役立てられるだけでなく、習得したエスニック料理に関する深い知識を利用して自宅やカルチャーセンターなどで講師活動をできます。

似た名前の資格が多いので、取得するとどのような知識を習得できるのか、取得しようとするはちみつ資格をどのように役立てるのかといった、しっかりとした目標を定めましょう。その上で、目的にかなった資格を取得することになります。

人気 エスニック料理ソムリエ

エスニック料理ソムリエ、日本安全食料料理協会(JSFCA)によって主催されているエスニック料理資格です。エスニック料理が作られるアジア・アフリカ・中南米・北欧といった地域の特性(気候や風土、宗教や文化など)、さらには地域ごとによって異なる郷土料理やお菓子についての知識を習得することを証明します。また食文化や食材、調味料の使い方まで、エスニック料理についての実践的な知識まで幅広く学ぶことができます。

この資格を保持していますとエスニック料理の飲食業界への就職の近道になるだけでなく、エスニック料理ソムリエとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動をすることができます。

エスニック料理ソムリエ資格は誰でも受験でき、通信講座に受講したり、本を購入して独学で受験することも可能です。またスペシャル講座を受講しますと、エスニック料理ソムリエと後述のアジア料理インストラクターを試験免除で取得することが可能になります。試験は2ヶ月に1回行われ、在宅で受験する運びとなります。5日間の受験期間に試験を解き、それを期日までに提出します。エスニック料理ソムリエの資格は70%以上の正答率によって習得できます。また受験料が10000円と安いのが、この資格の魅力です。

2位 アジア料理インストラクター

アジア料理インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)によって主催されているエスニック料理資格です。ベトナム・タイ・マレーシア・タイといったアジア料理だけでなく、メキシコ・ペルー・チリといった中南米やノルウェー・フィンランドなどの北欧、さらにはアフリカ(エジプト・モロッコ等)などの料理についての知識を学ぶことができます。例えば、各国で異なる郷土料理やそのレシピ、さらには食材や調理方法など実践的な知識を習得していることを証明します。 

この資格を保持していますとエスニック料理の飲食業界への就職の近道になるだけでなく、アジア料理インストラクターとしてカルチャースクールをはじめとしたさまざまな場所で講師をすることも可能です。

アジア料理インストラクターは誰でも受験でき、通信講座に受講したり、本を購入して独学で受験することも可能です。またスペシャル講座を受講しますと、アジア料理インストラクターと前述のエスニック料理ソムリエを試験免除で取得することが可能になります。試験は2ヶ月に1回実施され、自宅で受験することになります。試験期間の6日間で試験問題を解き、解答を提出しなければなりません。受験料も1万円と低価格です。アジア料理インストラクターと同じく、正答率が70%以上で合格です。
エスニック料理資格講座  エスニック料理資格講座