資格

イタリア料理資格人気徹底比較

イタリアン

イタリア料理の基礎知識はもちろんのこと、地域ごとに異なる郷土料理やイタリア料理に欠かせないドルチェやワインについてなど、幅広いイタリア料理の知識を習得していることを証明するのが、このイタリア料理資格です。またイタリア料理のレシピの作成や実践的な知識を有していることの証明にもなります。

国家資格ではなく、民間団体によって主催される民間資格です。しかしこれらの資格を保持しているとイタリア料理を家族のために提供できるだけでなく、イタリア料理にかかわる飲食業界の職業に就く近道になります。

似た名前の資格が多いので、取得するとどのような知識を習得できるのか、取得しようとするイタリア料理資格をどのように将来の仕事に役立てるのかといった、しっかりとした目標を定めましょう。その上で、目的にかなった資格を取得することになります。

人気 イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)によって主催されているイタリア料理資格です。イタリア料理を作るのに欠かせないオリーブやチーズ、食肉加工品などの材料に関する知識と、それらの選び方や製法について学習できます。また地域ごとのイタリア料理の違いやレシピの作り方、さらにはテーブルマナーに至るまで、イタリア料理の幅広い知識の修得を証明します。

この資格を保持していますと、イタリア料理ソムリエとしてカルチャースクールをはじめてとしたさまざまな場所で講師をすることも可能です。

イタリア料理ソムリエ資格は誰でも受験可能で、通信講座に受講したり本を購入して独学で受験することも可能です。また70%以上の正答率で合格で、在宅でも受験可能です。受験料が10000円と安いのが、この資格の魅力です。

2位 イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターは日本生活環境支援協会によって主催されているイタリア料理資格です。イタリア料理で用いられる食材やその選び方から、イタリア料理のメニューの構成方法まで実践的な知識と技能の修得を目指します。またイタリア料理に合うドルチェやカフェなど、幅広くイタリア料理の知識について学べます。

この資格を保持していますと、自分や家族のためにイタリア料理を提供できるようになります。受験料も1万円と低価格です。イタリア料理ソムリエと同じく、正答率が70%以上で合格で、在宅受験も可能です。

3位 イタリアンマイスター

イタリアンマイスターは日本能力開発推進協会(JADP)によって実施される資格試験です。この資格を習得することで、初心者でもおいしい洋菓子を作ることが可能になります。火加減や塩加減、前菜やパスタ、さらにはメインディッシュやドルチェの作り方などを、有名イタリア料理シェフである落合務氏の監修のもと技能を身につけていきます。

イタリアンマイスター資格は、日本能力開発推進協会が認定する教育機関での教育を修了し、在宅での試験に合格することで獲得できます。受験料は5600円と安く、自分や家族のために本格的なイタリア料理を提供したいという初心者向けの資格でしょう。

4位 イタリア料理研究家1級

日本イタリア料理教室協会が主催する資格が、このイタリア料理研究家1級資格です。20種類にも及ぶイタリアの郷土料理についてだけでなく、フォルマッジ、サルーミなど特産物やワインの品種やその特徴などについて、深いイタリア料理の知識の修得を目指します。また100種類のイタリア料理や50種類ものワインに関する実習をマスターしている必要があります。

受験資格は日本イタリア料理教室協会が認定する教育機関でのカリキュラムを修了し、試験に合格することで資格を獲得できます。受験料は27000円と若干高めの設定がなされています。

イタリア料理を本格的に極め、飲食関係の職業に就きたいというプロ向けの資格であると言えるでしょう。

5位 イタリア料理研究家認定試験3級

日本イタリア料理教室協会が主催する資格が、このイタリア料理研究家3級資格です。イタリアの食習慣や地理・気候から、イタリア料理や郷土料理についての知識の修得を目指します。

受験資格はなく自宅でも学習可能で、試験に合格することで資格を獲得できます。受験料は19440円と若干高めの設定がなされています。

イタリア料理を愛し、その知識を深めたいという初心者向けの資格であると言えるでしょう。
イタリア料理資格講座  イタリア料理資格講座